レビュー

『きみにしか聞こえない』はすぐに読めるのに、ずっと記憶に残る話だ

きみにしか聞こえない

著者:乙一
出版社:角川グループパブリッシング(角川つばさ文庫)
出版年月日:2009/5/14
文庫:173ページ
ISBN-10:4046310189きみにしか聞こえない
ISBN-13:978-4046310187

「きみにしか聞こえない」レビュー

友達に勧められて乙一が読みやすいとのことなので、きみにしか聞こえないを読んでみました。

スポンサードリンク

読みやすい…。その一言に尽きる。

この本は3つの作品が入った短編集。読みやすく、1,2時間あれば読み終わります。「きみにしか聞こえない」「傷」「ウソカノ」の3篇です。

最初は何とも軽い文章だなと思っていたんですが、20ページを過ぎた辺りから没頭しました。3つの作品の話はよくありそうな日常に、少し仮想世界が混じったもの。その少し仮想世界が混じったものというのが、この人の魅力。あり得ない設定とも言えず、人間の想像力でこういう事もあり得るんじゃないだろうか?というレベルのファンタジーを描いています。ちょいリアルってのがいいですね。

まぁ、それまで乙一という作家の名前は知っていましたが、読んだことがなくて、どんな文章書くのかなって前から気になってはいたんですが、ハマったりはしないかもしれませんが、決して嫌いな文体でもありませんでした。

とにかく読みやすいこと読みやすいこと。この本だけなのかもしれませんが、ライトノベルに近い物があります。完全にライトノベルかと言えば、それもちょっと違うんですが、ちょうど真ん中らへんに属している作家なのかもしれません。

ところで…

この「きみにしか聞こえない」というのは映画になっていて、2作品目の「傷」も「KIDS」というタイトルで映画化されているらしいです。きみにしか聞こえないはDreams Come Trueが同名の曲を歌っていて、それを聴いてみたところ、名曲でした!

…ただね。今ちょっと映画の予告編を観てみたんです。YouTubeで。

1分足らずの予告編なんですが、観たらちょっとがっかりしました。なぜ、原作の設定を変える!いかにもお涙ちょうだいな設定変更にがっかり。まぁ、まだ映画観てないんですけどね。乙一の魅力はちょいリアルがいいんですよ。あり得ない設定にあり得ない登場人物では、作られ過ぎたものな感じがして、映画は観る気になりません。

…いや、まぁ観ますけどね。そして多分泣きますけどね。

あ、映画の話よりも、原作の感想を書かなきゃなんですけど、とりあえずこの本に関しては、本を読む習慣とか持っていない人におすすめです。読書っていったん離れてしまうと、全然読めなくなると思うんですよ。そのリハビリの為に読みやすい本はどれか?ってなったらこの作品は非常に読みやすいんじゃないかな。

タイトルになっている「きみにしか聞こえない」も面白いですが、他の「傷」「ウソカノ」も、面白い作品なのでよければ読んでみてくださいませ。

この本は何回も形を変えて刊行されていますが、たしか角川つばさ文庫って児童書向けの出版だったはずなので、大人も読める子供の本という位置の本で、年齢問わずおすすめできます。

ではでは。

ABOUT ME
野口 明人
好きな映画は『オーロラの彼方へ』。好きな小説は『十八の夏』。好きなCDは『Return to Forever』。好きな漫画は『惑星のさみだれ』。ブログは今年で12年目!!長いのに、今日も読んでくれてありがとう!
人気シリーズ
  • 四国歩き遍路旅日記

    四国歩き遍路旅日記

    野口はある日バスに乗った。

    四国へ歩き遍路に行って、お泊り接待を受けてから不思議な出会いが引き起こす数々のエピソードを綴った旅日記。

  • ネットで稼ぐ方法講座

    ネットで稼ぐ方法講座

    野口はある日叫んだ。

    引きこもりが肩身の狭い思いをしている事に憤慨した野口が、これを読めば引きこもりでも月20万を稼げるようになるんだ!と決意を持って始めた講座。

  • 統合失調症の独語

    統合失調症の独語

    野口はある日壁に書いた。

    統合失調症と診断され、病院から診察拒否された野口が、薬や病院なしで統合失調症から立ち直るために考えた独言集。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です