CATEGORY レビュー

レビュー

『勉強をヤル気にする親・ダメな親』を3回読んだがオススメ出来ない

『勉強をヤル気にする親・ダメな親』というタイトルを見て、これは僕が求めていたものなのではないか!?と読んでみる事にしました。…というのも、先日同窓会に参加し、久しぶりにあった同級生が僕に連絡をくれる事が増えたのですが、大抵は悩み相談です。

昔は人の悩みを聞いて一緒に解決していくという事を仕事にしていたのもあって、身近な人には打ち明けられないような話もしやすいのでしょう。ま、僕は引きこもり同然なので、どのコミュニティーにも属していないし、僕から誰かに秘密がバレるという事もないですし。

そして僕に悩みを打ち明けてくれる人のほとんどの悩みは子育てに関するもの。

お金の面の心配もそうですが、子供が自分の言う事を聞いてくれなくて育児ノイローゼ気味になってしまい、自分も嫌いになりそうだし、そんな自分がさらに子供に当たってしまって関係が悪化してしまうという負のスパイラルから抜け出せない。

そんな同級生の力になれたら…と、自分の経験や大学で教職の授業をとって学んできた事、心理学、カウンセリングなどをフル活用して相談を聞いていますが、ちょっとばかし本の力も借りようかなと本屋に足を運んでみたのです。そして萩本欽一の弟というブランド力とレビューの評価、タイトルのピンポイントさから本書を選んで読んでみたのですが…

『はじめての人のFX基礎知識&儲けのルール』って読んでみたけど…

『はじめての人のFX基礎知識&儲けのルール』という本がAmazonでレビュー数も多いし、評価も高かったので、FXを始めて2ヶ月目の僕の目に停まりました。

手痛い1ヶ月目を振り返ってみるとコレは読まねば。

…だって、儲かると思ってFXを始めて、最初はラッキーパンチで3000円ぐらい儲かってたのに、1ヶ月経ってみたらマイナス8万円になっていたのだもの。FXを完全に舐めきっていた自分を戒めて、基礎中の基礎から始めようと思ったのです。

試合に勝る練習はないと言うけど、ルール知らなかったらどんなものだって楽しめないもんね。まずはルールと成り立ち、心持ちを学んでいくんだい!

さて、FXに関してずぶの素人で壁にぶち当たった僕が、偉そうにもこの本の評価をしていこうと思います…

『ドグラ・マグラ』読み終えた人いる?読んだ後の感動がすごいんだが

『ドグラ・マグラ』をやっと読み終えました。この本が日本三大奇書と知ってから読みたいと思って10年。何度もチャレンジしては一体何が書いてあるのかわからず挫折し、何度も文庫を買い直しては読み始めるのですが、やっぱり何度も返り読みをしては全く前に進めず古本屋に売って…の繰り返し。

そんな『ドグラ・マグラ』の突破口はKindle Paperwhiteを購入した事でした。電子書籍ってすげー。辞書はあるし、検索機能もついているので、わからなくなったらすぐに必要箇所に戻れる。しかも没後50年以上の作品なので著作権は切れていて無料で読める!!文庫買ってたお金でKindle買えちゃうよー。

文体も様々で読みづらく、内容に関しても知人にこの本を読んだ人がいなかったので、聞くことも出来ず苦難の連続でしたが、この本は絶対に検索してはいけない!なぜなら、本当に面白い部分のネタバレを書いてしまっている人がいるから!!この本、読むのは苦労しますが、ミステリー小説なわけで、読み終えた後の感動、読書って楽しいーーー!という達成感は他では思い当たらない作品なのです。これから読むのであれば、ダメだよ絶対に検索しちゃ…。

『模倣犯』を読んで宮部みゆきに言いたい。この小説で無駄に長いは…

『模倣犯』を読みました。前回読んだ『孤島の鬼』があまりにも面白かったので、推理小説を続けて読もうと思い、「推理小説」で検索すると、ミステリー作家で宮部みゆきが結構ヒットして、そう言えば宮部みゆきは大学時代に『火車』を読んだ以来、何も読んだことないよなぁって思って映画やドラマで名前の知っていた『模倣犯』を選びました。

まさか『模倣犯』がここまで長いとは…。しかし、不思議なもので読み始めると止まらなくて、最後の方なんか読み終えてしまうのがなんとなく残念な気さえしてきました。現在はものすごい喪失感や虚無感が襲ってきております。

でもやっぱり長いよなぁ…。