TAG 海外作家

『キャッチャー・イン・ザ・ライ』を久しぶりに読んでみたら何コレ…

『キャッチャー・イン・ザ・ライ』を最初に読んでから7年が経った。前回はこの本を読んでかなり酷評した気がする。そして内容ですら覚えていない。村上春樹が好きで『ライ麦畑でつかまえて』という本は有名だったので、とりあえず読んでおこうぐらいな気持ちで読んだ記憶があっただけだった。最近、昔観た映画などを見直してみて、評価が激変するという事が度々あったので、もしかしたらこれが年齢を重ねるということなのか…と。そして本の世界ではどうだろうかと興味を持ちましたので、再度挑戦してみようと思った次第です。

さて、この本は歳を取れば取るほど読み返したくなる本という事を最初に読み終わった後にAmazonレビューで気がついたわけですが、まさにそうでした!そう、この本、まさに評価が激変したのです…