タッチペンを入れられるiPhoneケースのレビューがない!?それじゃあ…

タッチペンを入れられるiPhoneケースのレビューがない!それじゃあ…

タッチペンが収納出来るiPhoneケースが欲しい…。そう思い続けて、はや10年。(嘘)

Su-Penを含め、タッチペン愛好家の僕は、このブログの中でも、今まで数々のタッチペンを検証してきました。…が!困っていたのは、その持ち運び方。別に裸のままで持ち運んでも構わないのだけれど、気が付くといつもタッチペンどこやったっけな?と探してしまう…。そこで、前々から欲しいとは思っていたんですが、今回ついにタッチペンを入れられるiPhoneケースなるものを買ってみました。

まぁ、「Su-Penホルダー付き 最薄 手帳型レザーケース」という長い名前があるわけですが、とりあえず面倒くさいので、iPhoneケースと呼ぶことにします。しかし、このiPhoneケース。サイトではランキングの常連アイテムのはずなのに、なぜかブログなどでのレビューが極端に少ない…、というか、検索が足りないのかもしれないけど、皆無。出てくるのはショップの人の宣伝ばっかり…。

…と、いう事でもしかしたら需要がないのかもしれませんが、僕自身が買おうと思った時に困ったので、そういう人がいると信じて、買った人目線でのレビューをしたいと思います。

スポンサードリンク

最強のタッチペンを使うと幸せになれるの知ってるかい?

今まで、

iPhone 6 Plusにしたのでパズドラ専用機にする為に色々買ってみた件!

2015.02.02

パズドラ用の最強のタッチペンを再び比較してみた!- Touch Wand編 -

2014.12.04

スマートフォンでパズドラやる人へ。最強のタッチペンとフィルムは…

2014.10.20
などなど、どのタッチペンが最強か、について熱く語ってきましたが、今となってはパズドラだけに限らず、バトルガールとかもタッチペンでやるし、メールもタッチペンで入力するし、iPhoneで絵を描いたりもしたりして、とにかく画面に指で触るよりもタッチペンで操作することの方が多くなりました。

タッチペンを使えば画面も綺麗なままだし、キーボードの入力ミスが減ったし、ゲームもプロ級の腕が手に入るし、ペン回しもはかどるしで、とにかくとにかく万々歳。神様仏さまタッチペン様。iPadだけではなく、やはりiPhoneでもタッチペンは使えるのだと僕は思っております。

…が、冒頭にも話をした通り、困るのは、その持ち運び方。どこに置いたか忘れてしまい使いたいときに手元を探すことしばしば。

野口明人
もう!Nintendo DSみたいに本体に収納出来る場所作れよ!

とか思ったりもするわけですが、iPhoneでタッチペンを使う人の方が少数派の為、そんな事は望めない。

それなら、イヤホンジャックにコードをぶら下げてその先にペンをつけておけば…と思ってはみたものの、音楽を聴きながらiPhoneをいじる事が多い僕は、イヤホンジャックを無駄には出来ないのです。

そうなるとやっぱりタッチペンを収納できるiPhoneケースを探すのが妥当という話になります。

…が、しかし。

タッチペンを収納出来るiPhoneケースって極端に少ないよね…

これが本当に極端に少ないんだ。いや、過去にそういう商品があったのは知ってるんです。でも、iPhone6 Plusのサイズのやつがほとんど出てきてくれない。

こういうハリーポッターに出てきそうな魔導書のようなデザインのやつとか、

Su-Penを作っている会社が出しているこういうケースぐらいしかない。…正直な所、上の二つはデザインが好きくない。残念ながら、好きくないものはどうしようもない。

そんな中、僕は実は、あるケースの存在を知っていた。

それがこれ。

Su-Penホルダー付き 最薄 手帳型レザーケース for iPhone 6s Plus/6 Plus

  • AppBank Store
  • 価格5,900
  • カテゴリーiPhone 6 Plus ケース・カバー
  • 送料無料

パズドラの公認プレイヤーで有名なマックスむらいの会社であるAppBankが出しているiPhoneケース。これがまさにSu-Penを収納するために作り出されたケース。しかも、発売されてから連日、ずっとランキング上位に君臨していた一品。

まぁ、買うならこのケースだろうなぁ…。という気がしてはいたのだが、どうも色が僕が欲しい色とちょっと違う。大変わがままな僕です。

赤なのはいいんだけど、マックスむらいカラーのようなAppBank信者臭がプンプンしていて、ちょっと手を出しづらくもあり、赤だったらもっと真っ赤っかの赤の方がオシャレなんだけどなぁ~と思うのもあり、わに革みたいな柄がなんだかなぁ~と思うのもあり、2ヶ月ぐらい様子見をしていた。

(…あ、別にマックスむらいは嫌いではありません。むしろ大好きです)

そしたら、新色が出る事を知った。

Su-Penホルダー付き 最薄 手帳型レザーケース ブルー for iPhone 6s Plus/6 Plus

  • AppBank Store
  • 価格5,900
  • カテゴリーiPhone 6 Plus ケース・カバー
  • 送料無料

お。ブルーかぁ。これまた、なぜブラックを出さないんだ…。シックに決めたいのであればブラックがいいし、シャレオツ感を出したいならブルーでも、もっとビビットカラー的な真っ青なブルーが良かった。…と、第一印象的には思ったけども、やっぱり実際に見てみないことにはその色とか分からないよね。

赤の方も実物を見たことがないし、一緒に見てくるかー。

という事で、AppBank Storeに行ってみることにしました。





今回行った店舗は池袋のPARCO6FにあるAppBank Store。まぁ、チャリでアクセスしやすかったのもあってね。別にどこのAppBank Storeでもよかったんだけど、一番近くにあったし。

iPhoneにする前はXperiaを使っていたから、AppBankに行っても面白くなかったけど、iPhoneユーザーだと本当にこのお店、魅力的な商品ばっかりだね。

…と、まぁそんなことはいいとして、とりあえず、赤の方の実物を見て確認した後、青の方はまだ実物が店舗にはなかったので、店員さんにどういう色かを聞いてみると、同じメーカーが作っている別商品の青の色を見せてもらった。おそらくこの色になると思いますと紹介され、考えてみたが、やはり青の方はグサッと心に響いてこない。

しかし、赤の方はまんざらでもない気がしてきた。思っていたよりもいい色の赤で、長く使っていれば味が出てきそう。まぁ、わに革みたいな所はやっぱり好きになれなかったけど、そこは妥協点。購入することに決めた。

Su-Penホルダー付き 最薄 手帳型レザーケースの開封の儀

iPhoneケース00002

「Su-Pen holder attachment iPhone case」だってさ。

iPhoneケース00003

箱から取り出します。

iPhoneケース00005

さらに中身を取り出します。

iPhoneケース00006

蓋を開けると中に緩衝材みたいなのが入ってました。

iPhoneケース00007

それを取り外すとこんな感じです。…ん?なんかターコイズっぽいのが顔を出しておる。

iPhoneケース00008

なんだこれ。

iPhoneケース00010

なんか、Suicaみたいな電子マネーを挟んでおける場所があって、どうやらそれを利用するときに使う、磁気干渉防磁シートとかいうシートみたいです。Suicaとかを使わない僕には縁がないものですが、これを機に使ってみようかな。

iPhoneケース00011

ここがタッチペンを挟んでおけるゴムの部分。なんか、公式サイトのレビューでこのゴムが1ヶ月で駄目になったとかいう書き込みがちらほら見えたから、大事に使おうと思う。

iPhoneケース00012

蓋の裏にはこんな感じの溝があります。まぁ、これは何に使うかは、後でお話をするとして、まずは装着してみましょう。

iPhoneケース00013

このケースはiPhoneを上から差し込むみたいです。

iPhoneケース00014

スルスルスルスルっと。

iPhoneケース00017

ガッシーン!装着完了!

iPhoneケース00019

それじゃあ、ペンを入れてみるよ。

iPhoneケース00021

Su-Penの中で一番人気のあるペンのやつ。

これね。まぁ、綺麗に収まります。

iPhoneケース00023

次。他社のペン。このサイトで絶賛ゴリ推し中の筆型のタッチペンTouch wand。僕が持っている色のタイプは限定だったみたいで生産終了しちゃったんですが、シルバーはまだ売ってました。

これも問題なく入る。

しかし、問題は次である。

実は最近、新しいタッチペンに買い換えました。

Su-Pen P201S-T9C00004

と、いうのも、今まで使ってきたペンが結構ボロボロになってきたからです。先ほどの紹介した2本のペン。

iPhoneケース00041

まずは主力として使っていたTouch wandですが、ペン先が死にました。ボンバーヘッド!ってな具合に広がり、反応が極度に悪くなりました。まぁ、これは分かっていたこと。筆型のペンは繊細であるがゆえに寿命が短いのです。

そしてもう一本の主力メンバーであるP201S-MSBN。このサイトでもむちゃくちゃ売れているので、やっぱりペン先を交換して永久的に使えるのは魅力的なんだろうなぁ…なんて思っていたんですが、まさか、まさかです…。

iPhoneケース00043

主軸の方が錆びました。ちょうど人差し指が当たるところだけ、劣化が激しくて、ペン先は交換出来て、滑りには問題がないのですが、これを使うたびに指が鉄臭くなります

手の汗?指の油?ここまでメッキが剥げるとは、酷使して使ってたのかな。という事で、新しいタッチペンが欲しくなりました。そして買ったのが、同じSu-Penシリーズのカーボンの主軸を持つタッチペン。

Su-Pen P201S-T9C00008

これなら錆びることもありません。

Su-Pen P201S-T9C00009

ペン先はP201S-MSBNと全く一緒なので、替え芯はそのまま使えます。

Su-Pen P201S-T9C00012Su-Pen P201S-T9C00017

今回はキャップがついていないので、キャップをなくす心配もありません。タートルガードっていう先っちょを伸ばすとペン先をカバーできる仕様になっています。まぁ、ほとんど使わないですが、キャップがないってのはかなり便利。

Su-Pen P201S-T9C00014

タートルガードを出して閉まった時の長さは、若干P201S-MSBNより長いですが、

Su-Pen P201S-T9C00015

素の状態だとほぼ同じ長さです。

Su-Pen P201S-T9C00016

横に並べてみてもほぼ同じ長さ。

ただし、実際に持ってもらえばわかると思うんですが、重さは雲泥の差です。とにかくこのカーボンのペンは軽い。P201S-MSBNの重さがしっくりきている人にとっては最初は戸惑いを感じるぐらい軽いです。

でも、まぁ重さなんて使っているうちに慣れます。今ではP201S-MSBNの方に違和感を感じるぐらい、カーボンの方がしっくりくるようになりました。

しかし、問題はその太さです。

Su-Pen P201S-T9C00019

この写真でわかるかな。

Su-Pen P201S-T9C00020

この方がわかりやすいかな。そう。カーボンの方が若干太い。太いからなんなの?ってことだが、太いとこうなる。

iPhoneケース00026

わかりますか?

iPhoneケース00053

蓋が閉まんないんだーーーーーーー!!!!

iPhoneケース00030

どこが当たっているのかわからないけど、閉まんない。

iPhoneケース00029

ただ、iPhoneの方を上にして、蓋を下にすれば閉まるので、とりあえず何処かに置くときはiPhoneを裏返しにして置くようにしている。まぁ、革だからそのうち伸びて蓋も閉まるようになるでしょう。

…なるよね?

とりあえず、その他のディティールについてです

iPhoneケース00047

電源ボタンはこんな感じで覆われています。スクリーンショットとか撮る時にちょっと押しづらいかな。まぁでも保護されているわけですからそれは仕方がない。

iPhoneケース00048

反対側の側面のボリュームボタンと切り替えスイッチです。こちらはむき出し。タッチペンを入れていると時々、タッチペンのクリップがボリュームボタンに当たってボリュームが小さくなることもありましたが、使っているうちにそんなことはなくなりました。革は伸びる!伸びるのだー!

iPhoneケース00049

iPhoneのお尻の部分はこんな感じ。lightningは難なく挿せます。イヤホンジャックも問題ありません。落とした時に四隅がむき出しなのがちょっと気がかりですが、落とさなければいいんです。

iPhoneケース00050

iPhoneの頭の方。特に何も留め具みたいのはないけど、結構きつめに設定されているので、ふいにスルリと抜け出ちゃうことはなさそう。ブンブン振り回した事がないので、皆無とは言えないんですが。こちらも四隅はむき出しなので、落とした場合はたぶん傷つきます。

iPhoneケース00051

これは蓋を閉じた時にiPhoneが耳に当たる部分。手帳の蓋を閉じたままでも通話できるように穴が開いております。でもたぶん僕の場合は手帳開いて通話ボタンを押してそのまま手帳を開いたまま通話すると思うので、使わないかな。でも便利な穴だね。

iPhoneケース00054

手帳の側面のお尻の所にストラップなどを付けられるようになっている穴が付いています。首から下げたりするホルダーを付ける人には必須でしょうな。

iPhoneケース00032

そして、先ほど話した「溝」。それはこうやって立てて使うための溝だったのです!…まぁ、知ってたよね。

こんな感じの手帳型iPhoneケースになります。

まとめ。つまりは買って損はなかった!

iPhoneケース00056

購入前は色々と難癖つけつつ、色が気に食わないだの、柄が嫌だだのブツブツ言っていた僕ですが、実際に使ってみると使い勝手はすこぶるいい。タッチペンの紛失もなくなったし、革がカーボンの太さに慣れてきたのか、蓋も閉まるようになりました。

iPhoneケース00058

そして、地味にSuicaを入れられる所が便利。このiPhoneケースにしたのをきっかけにSuicaも手に入れたよ。問題なく改札をピッと出来る。

iPhoneケース00055

あ、あと言い忘れてたけど、溝がある所に小さなポケットがついていて、カードを入れたり出来る。僕は画面を拭くクロスを小さく切って入れてあります。

iPhoneケース00057

とりあえず、これが2週間ぐらい使った感じ。まぁ2週間じゃなんも変わらないとは思うけど、蓋も閉まるようになったし、色々と手になじむようになりました。

ネットを探してみても、AppBankの自社アピールの記事しかない手帳型iPhoneケースでしたが、まぁ、買ってみてよかったかな。とりあえず後悔はしていません。使ってみて不満点も今の所ない。

もう少し長く使ってみた時に、ペンをとめるゴムの部分がどうなるかが気になる所だけど、今の所丁寧に扱っているので、駄目になる気配はありませぬ。

という事で、参考になったかわかりませんが、良かったらご検討を。タッチペンユーザーなら確実に快適な毎日になるよ。

ではでは、ここまでの長文を読んでいただきありがとうございました。タッチペンが収納出来るiPhoneケースのレビューでした。

何かわからない事などがあったら、気軽にコメント欄に書いてくださいまし。

※2016年07月21日追記。

コメントの方に現在の状況を挙げてほしいとリクエストをもらいましたので、使用9ヶ月の状況を写真撮ってみました。ぜひご参考に。

iPhone-Supen-ケース1

現在も使っております。気分転換に他のケースも買ったには買ったんですが、やっぱりタッチペンを収納出来る事+Suicaカードを収納出来る事というケースがなかなか無いのでコレに戻ってきます。

iPhone-Supen-ケース2

結構出し入れしていたので、ここの部分が破けてきました…。まぁ合皮だしさ。仕方がないし支障がないかなと。

iPhone-Supen-ケース3

コメントで教えて頂いたとおりにペンを収納して使い続けた所、見事にゴムは全く伸びることなく使えています。

iPhone-Supen-ケース4

そう。こうやって収納するのが正しい!(キリッ!)

iPhone-Supen-ケース5

ズボンのポケットに入れる事が多いので、下の部分が擦れて蓋の淵の部分が取れてきちゃった。

iPhone-Supen-ケース6

Suicaを入れられるのが本当に便利。前までAndroidでおサイフケータイを使っていたので、ケータイでピッとやるのに慣れていたもので。まぁチャージはカードを取り出してやらなきゃだけど、あんまり苦ではない。

iPhone-Supen-ケース7

裏面には音ゲーの滑り止め対策のグリップシールを貼ってます。デレステとかでスライドすると滑っちゃってたので。

これと、

これを使って、ちょっとファミコンのコントローラー風にしてみた。ケースの色が真っ赤ではなくちょっと黒の入った赤なので、カラーがちょうどファミコンカラーのようで気に入ってます。コレ貼ってから全く滑らなくなった。デレステ、楽しい。

iPhone-Supen-ケース8

ほら、どっちがファミコンのコントローラーかわからない!

・・・

…と、まあこんな感じです。使用期間9ヶ月にしてはボロボロになりすぎなのか?どうなのか?僕は手汗が多い方なのも関係しているのかもしれませんが、多分iPhone 6 Plusを使っている限りはこのケースを使い続けると思います。iPhone 7とかになったらまた考えますが、やっぱりタッチペンを収納出来るやつを探すんだろうな〜。あと電子マネーを入れられるポケットがあるやつ。地味に重要でした。

iPhone-Supen-ケース9

機械音痴なオカンもツムツムを教えてあげると、タッチペンを使うようになり、タッチペンを収納するケースが欲しいとの事だったので、別の会社、

ラスタバナナのタッチペンが入れられるケースを買ってはみたものの、やっぱりSuicaが入らないと使いづらそうでした。

なので、とりあえずこのSu-penケースは意外と使い勝手がいいのではと思います。

追記おしまい。 野口明人。

Su-Penホルダー付き 最薄 手帳型レザーケース for iPhone 6s Plus/6 Plus

  • AppBank Store
  • 価格5,900
  • カテゴリーiPhone 6 Plus ケース・カバー
  • 送料無料
にゃんこ先生
そういえば昔、ケースの方が高いギターを使っていた人がいたにゃ~

スポンサードリンク

14 件のコメント


  • 通りすがりですが、失礼します。こちらの商品のAPPBANKスタッフ以外のレビューを探していて、拝見しました。
    ペンの刺す場所が、本来の場所と違うようです。
    タッチペンのクリップをケースに引っ掛ければ、きちんとケースが閉まると思います。その時にクリップが上にはみ出さないように、刺す部分に切れ込みが入っています。ゴムバンドはあくまで補助的な役目だと思います。
    言葉で説明するのが難しいので、YouTubeのAPPBANKの動画を見ることをオススメします。
    そのペンの刺し方だとゴムが伸びてダメになりそうだなと思ったので。


    • おおおーーー!!!

      動画、さっそく見てみました!マジだ!ペンの挿し方が違う!(笑)

      くぼんでる所にクリップを挟むんですね。

      確かにこれだとゴムなしでも大丈夫そうです。

      それにその挿し方の方だと、クリップがボリュームボタンに当たってしまうこともない。まさか、挿し方が違っていたなんて考えにも及びませんでした。かなりいい話を聞きましたありがとうございます!

      大事に使っていきます。


  • Su-Pen をググっていたらココに辿り着きました。

    このケースとペン その後も使われていますか?
    もし良かったら現在のインプレッションと姿をお見せ下さいませマセ。


    • コメントありがとうございます!!

      リクエストいただきましたので、本日写真を撮り、本文の方に追記でその写真を載せておきました。ぜひ参考にしてくださいませ。

      タッチペンの方は別の記事のコメントにも書きましたが、やっぱりこのペンいいわ。と他のペンを買ってもこれを使い続けてます。

      まぁ、ペンに関しては特に不満はないんですが、なんか自作でタッチペンを作れるとかいう情報を聞いたので、ちょっとそっちの方も興味があります。

      もし作った場合は記事を書こうと思いますので、お楽しみに☆


      • 野口さん 早速の追記ありがとうございました。
        ファミコン コントローラー風滑り止めナイスですね!w

        ペン先の寿命はやはり3ヶ月くらいですか?
        自作ペン先 めっちゃ興味あります! どんな風にするんですか?よろしかったらお聞かせください。

        実はこのペンと一緒にブライトンネット カーボンペンBM-CARBONPEN/SL というのを買ってまして こちらは少し長く重量バランス等すごく良いのですがペン先が2週間ほどで滑りが悪くなり 家で使うときはベビーパウダーをちょいちょい付けてしのいでます。このペン先は交換できないようですが Su-Pen  の先っちょを移植できないものかと考えてます。


        • ペン先がやっぱりアレですよね。寿命が短い上にちょっぴり高いって所がSu-Penのネックです…。僕の場合は2ヶ月で交換したり半年で交換したり、結構まばらなのでどのぐらいって言うのも言えないんですが、平均4ヶ月ぐらいっすかね。

          自作のタッチペンは、サンワサプライ 導電スポンジ TK-P2がいい感じで反応するみたいなんですが、これをステッドラーのペンシルホルダーにまるめて挟むと実質数十円でペン先が無数に作れるらしいです。

          たまたまAmazonを見てたら発見した情報なので、まだまだリサーチが必要だと思いますが、ステッドラーのペンシルホルダーはSu-Penのペン先も使えるので、結構タッチペンとして使っている人も多いみたいです。

          ブライトンネットのカーボンペン調べてみましたが、デザイン、かっちょいいですね!

          ペン先を交換出来ないのはちょっとコスパが悪いかもしれませんが、改造とか出来るようでしたら化けるかもしれません。

          あ、蛇足ですが、ファミコンコントローラー風滑り止めの横にあるファミコンコントローラーはFC30っていうBluetoothのコントローラーでスマホとかPCに接続してゲームでちゃんと使える逸品なのですよ。懐かしや〜。


          • 野口さんこんばんは

            自作ペン ググってみました。みんな色んなこと試してておもろいですね。
            ステッドラーのペンシルホルダーカッコイイ ^^ でもグリップのギザギザが周りを傷つけるようなので別なナイス デザインのを探してます。

            ペンは、この方のが一番イメージ湧きました( http://1964log.blogspot.jp/2010/07/ipad.html
            導電スポンジの代わりにダイソーにも売ってるセルローススポンジ も使えるようです( http://ameblo.jp/mimi-make/entry-11917899506.html

            鉛筆の太さの補助軸 にそのままスポンジを突っ込んで使うには先が太くなり過ぎですよね。
            Su-Pen 先+アダプタ( http://www.amazon.co.jp/dp/B00C91W2EU )を使えば良い具合になりそうですが高いし何か負けた感w

            今日文房具屋で 補助軸を物色しとりあえず買ってみたのが ⬆︎Amazonの一番下にある画像 旧スーペンの右の色違い青でした。
            手元にあったダイソータッチペンhttp://blogs.yahoo.co.jp/prmprug/64327364.html
            先を外し補助軸に取り付けました。とりあえず使えます。このゴム部分にスポンジでどうなるか楽しみ。本来は鉛筆が入る部分が空っぽなせいか軽すぎてバランスが悪いので何か重りになるものを入れたいです。

            明日 セルロース スポンジ をゲットし試してみますね (^^¥

            ※同じ補助軸(360円也w)Amazonにありました http://www.amazon.co.jp/dp/B009VWECWU


          • うぉおお!!!!

            かなり勉強になりました!この短時間ですげー調べたんですね☆

            いやー、みんな色々と試行錯誤している感じが読んでいて励みになりますね。

            最初に紹介していただいたブログの最後に紹介されていた動画なんて、ポテチの袋でタッチペンを作っていてなおかつかなり細いペン先を可能にしている。感動すら覚えました。

            https://www.youtube.com/playlist?list=PL9B005463A42688F6

            僕も時間作って、本格的にやってみようかなぁ〜。自作○○って結構好きなんですよね。

            イヤホンも好きなので、イヤホンのイヤーピースを耳栓から作ったりした時は楽しかったです。自作も極めれば、それで商売をしている人もいるほどで、イヤホンのケーブルを自作で作っている方を発見して、メールで何度も質問してしまった程興味を持ちました。

            タッチペン。自作を極めたらSu-Penに勝るとも劣らない逸品が出来るでしょうか。あぁ。作ってみたい。

            セルロースのスポンジにハンカチ巻きつけてタッチペンにするブログ、すげー参考になりました。さらに発展させるとすれば、タッチした時の感触を高める為に、スポンジに軸を含めたいんですよね。Su-Penには入っているんですよ。なんか変な塊が。

            他のタッチペンは似たような素材なのにその軸が無いためにタッチの感触がだいぶ弱い。あの塊はどうやって産みだしたらいいんだろ。

            いやー色々と楽しみが膨らみますね。

            有益な情報ありがとうございました。僕も自作ペン、本格的に取り組んでみようと思います。


  • 野口さん こんにちは (^^)/

    ダイソーで「吸水 セルローズ ふきん」ゲットし試しています。勝手にメラミン スポンジだと思い込んでいましたが ボソボソ感の強い 食器洗いにも使いそうなスポンジでした。裏面の表示 材質欄 を見ると 「セルローズ(植物性繊維 素)」とあります。この素材が通電するんでしょうね。

    前出の鉛筆補助軸に このスポンジを入れてみました。とりあえず使えますw。前回リンクを貼ったサイトを参考に 厚さ7mmのこのシートを2x4cmに切り海苔巻き上に丸めて突っ込む。先が広がりかなり大きいですが普通に使えました。そこで布で包む作戦を。ちょうど良い布がなかったのでまずはガーゼで… スポンジの広がりが少し収まり滑りが良くなりました。
    形がイビツなので 先端部を尖らせる(角を落とし丸くなる)ようにスポンジの角をハサミでちょきちょき。形は良好。でも一度 画面を触ると潰れて変形しますのでカッコ悪いです ^^;

    問題点は ペン先に関して 変形する 太い カッコ悪いw  軸は 短い 軽すぎる(これはステッドラーで解決かな?)
    初号機の出来としてはまずまずです。^^ Su-Penにはまだ勝てないけどワコム Bamboo Stylus duo より空振りしない分こっちの方が良いです。

    >>さらに発展させるとすれば、タッチした時の感触を高める為に、スポンジに軸を含めたいんですよね。
    >>Su-Penには入っているんですよ。なんか変な塊が。

    これに関して スポンジが有効ですよ! 100均 柔らかすぎるゴム先 ペンの ゴムを外し少量このスポンジのカケラを丸めてゴムの中に突っ込むとプニプニ感が減りコシがでて良いタッチになりました。

    スポンジはかなり有効そうなので 本家電導スポンジも試したくなってきました。

    その後仕入れた情報では 「滑り」に関しては、画面に車用のツルツル コーティング剤や 片栗粉をペン先につけてる人も発見(自分はベピーパウダーw)

    iPodが流行り始めたminiのころ カナル型イヤホンにハマってました。同じように耳栓スポンジを使ってイヤチップにしたり。個人輸入で耳型を取り自分専用のを作ったり 楽しかったです。コードも奥が深そうですね。オーディオマニアの友人に言わせると 柔らかいコードは柔らかい音がするとか。

    ps. 今見つけた この方のサイト良かった スタイラスペンを自作 | ねこぱんち統合整備計画http://between.musoubitokikaku.com/archives/11993 ページ下のリンク スタイラスペンを自作(改定追補版)も併せてどうぞ

    britonnetカーボン 自分が買ったのはこの訳あり品 http://item.rakuten.co.jp/brightonnet-shop/bm-carbonpen/ 今からならステッドラーですね


    • その後の進展
      ブライトンネット カーボンペンの先からタッチの度にカチャカチャと音がなりだし ゴムはまだ大丈夫だけど滑りが悪いこともあ り意を決し破れないようにゴムを引っぺがしてみたらラッキーな事に 中はネジ式の金属パーツが、ここが緩んでいただけでした。
      Su-Pen先をつけられないかと目論み ネジを外すと Su-Pen より径が大きく ネジピッチも全く違うものでした。

      駄目元で 隙間埋めにと セルローズ スポンジ を 3mm x 20mm に切ったものを2つ十文字にし 交換用Su-Penペン先後部ネジに重ねて無理やりねじ込んでみたところ、上手いこと噛んでくれ最後まで締め込むと長さ出っ張り具合丁度良くベストなポジションに収まってくれました。
      これで念願の 最強自宅用 カーボンペン+ Su-Pen先 が完成です! (^。^)!

      セルローズ スポンジ + 鉛筆補助軸 はスタイラスペンを自作(改定追補版) を参考にし
      十字重ね+ 綿棒の芯 をやったところ 先が固かったので 綿棒先端に5mm角の座布団を仕込んでみたらほど良いタッチになりました。そしてガーゼで包み成形し軸に装着。このスポンジ ペン(仮称)w 普通に使うには何の問題もないのですが… Su-Pen を知ってしまった今となっては 滑らかさ 見た目… 等々 物足りなさがムクムクと。贅沢ですね ^^;
      やはり Su-Pen ペン は凄く良いです!

      残る課題は ステッドラー と ほんもの電導スポンジ
      さっき2本ステッドラー 注文しました。
      and 古い記事をみると旧式 Su-Penペン先 がそのまま鉛筆補助軸に使えるようなので 現ペン先+アダプタ も発注 http://www.amazon.co.jp/dp/B00C91W2EU 高いぞー💦
      2点 お楽しみ 到着待ちモードです


      • コメントありがとうございます!!コメントにて近況を読むのが最近の楽しみになりつつあります。このコメント欄で画像が添付出来ないのが残念です…。画像があったらすげー説明しやすかったと思うのですが、すいません。でも、文章から熱いタッチペン愛が伝わってきています!!

        さて。

        ブライトンネットカーボンペンはペン先が交換出来ないというのがネックでしたが、まさか改造によって最強のタッチペンに変身するとは。まさにSu-Penのオリジナルを超えるかもしれない魔改造!!

        そうそう。前回、スポンジの軸を教えてもらったのですが、スポンジでコシが出るとは目からうろこでした。僕の目指す所は極細タッチペン。自分がタッチした所が一瞬でわかるように細く、なおかつSu-Penのようなスラスラとしたかき心地ははずさない。そんなタッチペンを作りたいんですが、多分この軸の部分がキモになってくると思うんですよね。

        イメージとしては、ボールペンのようなペン先に電動スポンジがコーティングされているような。ただ、実際のボールペンのような硬さだと画面を傷つけてしまうので、スポンジで軸を作るような若干の柔らかさも兼ねそなえてくれてたらなぁ…。なんて。

        ステッドラー2本!!うらやましい!!僕も前から買いたいと思ってはいるんですが、ついつい別の既成品のタッチペンを買ってしまい、アマゾンのカートに入ったままになっております。

        次に何かを買う時は絶対に注文しよう。

        あ、滑りに関しては、僕はマイクロソリューションのクリスタルコートを使ってます。ちょっと高いですが、効果は絶大で継続的な滑りが手に入るので買ってよかったと思います。買ってから1年以上経ってますがいまだにたっぷり残っているので、コスパはまあまあかと。もう少し少量にして安く買えたら、もっと売れるだろうに…とは思うのですが。

        2点の商品が届くのが待ち遠しいですね。

        僕も早く取り掛かりたい。その行動力、見習いたいと思います!


  • 野口さん こんばんは ご無沙汰しております。(^-^)ゝ

    その後なにか進展ありましたか? 近況を読むのが楽しみと聞き嬉しいです。
    画像があったらいいですよね。Twitterも考えましたがあまり使われていないようで…(自分もなのw)
    このブログが少しでも盛り上がれば良いかな!? って事でこちらで続けさせていただきます。
    そうそうずっと匿名 名無しもあれなので dunerider と名乗らせていただきますね。

    っで 昨日やっとステッドラー ペンシルホルダーが届きました! 長かった〜
    速攻 Su-Pen交換ペン先+アダプタ と 前出の自作セルローズ カーゼ包み(なんか料理名みたいw)を装着。
    コレはいいですよ! さすが老舗 製図用品メーカー ロングセラー の1品。これまで手にした何れよりも 最高に手に馴染みとにかく感触がすこぶる良いです。これはペンとして最強!
    質感 絶妙な重量バランス(先が良い感じに重く)Su-Pen ゲーマーズ モデルもこんな感じなのかな?
    それまでの首位ブライトンネット カーボンペン+Su-Penペン先はいきなり影が薄くなってしまい ステッドラー+Su-Pen交換ペン先ばかりを使うようになってます。一瞬にして王座が入れ替わりました(笑)
    野口さんも 早く買ったほうがいいですよ!

    今までの1軍選手 ブライトンネット カーボンペン、Su-Penカーボン、ワコム Bamboo Stylus duo 緑、100均スタイラス、安売りゴム頭ペンには 文房具屋で見つけた プニュグリップ 右手用 http://www.amazon.co.jp/dp/B01BLYSM5S
    をペン軸 後部 クリップぎりぎり辺りに付けています。クリップは使えなくなりますがとっても持ちやすくて疲れにくいので気に入っています。転がり防止ににも一役買っています。

    そしてこのステッドラーにもと、これのソーダの香り http://www.amazon.co.jp/dp/B01EUOMS5G をゲッツw
    こっちは三角形で更に転がりにくくホールドし易くなりました。お薦めです! あクリップが使えなくなるので手帳型ケースにはダメですね。^^; Su-Penペン先の方にはダブルで装着さらにグーーです。w

    車用のつるつるコーティング ワックスも仕入れました。 http://www.amazon.co.jp/dp/B019W114CA 小瓶に入れた時にこぼしてしまったので 全タブレット4つ と iPhone に2, 3度塗ったくり それでも余っていたので 手持ちスタイラスペン全部の先を濡らすように塗って乾かすこと数回w そして放置

    画面に塗ったのと相乗効果なのか ダメダメ だったゴム先ペンも優秀選手に生まれ変わりびっくり。特にワコムBambooは、空振りが多くてここぞという時は使えなかったのが見違えるようなグリップ感に大変身です。未経験でしたらお試しください。

    野口さんの理想のスタイラスペン 良いですね! お菓子の袋試しました? こないだ食べたインスタントラーメンの内側が銀ギラだったので あのサイトを見習い少し遊んでみました。極細ペンはその形ゆえか硬くなりますよね。それとペン先に円盤が付いたJoltペンのようなのは コツコツ音がして個人的には好みでなかったです。そこにスポンジとなると良好な反応のためには、ある程度の面積が必要になり最低でもSu-Pen先くらいは要るようです。難しいですねぇ〜

    ほかに電源を使うペン先が細いのも良さそうですが BlueTooth接続で1台にペン1本専用です。(その都度ペアリングしなおしは苦行のため却下)いつもタブレット2つは同時に(3,4つの時も)並行作業しているので 1台に1本というわけにもいかず手を出せないでいます。それに1万近くするのが多くてアウトです。iPad Proを使ってるのですが書き味最高と絶賛されているApple Pencil も同じくBTなので残念ながらパス。 今後同時に複数機で使えるようになったら欲しいですね。

    またダラダラと長くなりましたが 自分的には ステッドラー補助軸+Su-Pen先で一定のゴールが見えました。電導スポンジは未経験ですがセルローズ スポンジのようにボソボソ感が強くランダムの気泡的な凹みが無いのならば試してみたいですね。ただスポンジは接地面積を広くという課題があるので細くするには難しいかも。どの動画を見ても補助軸まるまる分くらいの太さになっていますよね。

    野口さんのレポートも楽しみにまっています。頑張ってねー
    やっぱり色々工作してみるのは楽しいですよ! (^∀^)ゞ
    ではでは see you ; )


    • duneriderさん!いつもコメントありがとうございます。

      そして、報告遅くなりましたが、ついにステッドラーのペンシルホルダーと導電スポンジ買いました。

      …と、まだ商品自体は到着していないのですが(汗)

      最近は、ちょっと忙しくてゆっくり検討出来ませんでしたが、dunerider(発音的には“でゅーんらいだー”でよろしいのでしょうか?)さんのコメントを大変参考にさせて頂きました。改造に関しましては、ペン違いではあるのですが、ドクターグリップ・フルブラックにジェットストリームのインクを装着するというのに苦心しておりまして、4+1ペンには装着できるという情報はネット上にいくつか転がっているのですが、単色ボールペンのフルブラックというボディーに入れ込むというのがどうにも見つからなくて、ヤスリと他のボールペンのバネ、軸、ハサミ、瞬間接着剤などなどを駆使してなんとか自分なりの最強のボールペンを作っていました。

      …と、ここで、

      「あ、やっぱり自作で何かするの好きだわ〜」

      と思いまして、よし、本腰を入れてタッチペンを作ってみようじゃないかと思った次第であります。

      duneriderさんに教えてもらったグリップ、すげー欲しくなりました。僕は結構感触フェチで、パソコンのキーボード用のリストレストとかパームレスト、ボールペンのグリップなどなど触って確かめるのが大好きなコレクターなんですが、こういうのもあるんですね。

      ソーダの香りのやつとか、同時に注文しちゃおうかな!!と思ったのですが…僕が見た時には発送がなぜか2ヶ月後だったので、諦めました。実店舗の方で探すことにします。

      円盤型のペンはまだ使った事がないので、有名どころのAdonit Jot Pro 2.0とか注文しようかと思ったのですが、duneriderさんのコメントを見る限りでは硬そうなイメージでしたし、やっぱり自作に比べるとコストが掛かり過ぎるので、まずは自作ペンでやれるだけの事はやってみようと思います。

      いやー、しかしステッドラー+Su-Penでゴールが見えてくるとは、こちらも楽しみです。とりあえずSu-Penのペン先はいくつか保管してあるのでステッドラーにつけて使ってみますが、やはり本命はステッドラーを軸に、スポンジを付ける自作ペン。調べてみると竹串のようなモノにスポンジを巻きつけてホールドすると良いらしいので、僕の理想とする細いペンに到達出来るのではないかと…。

      最近はコメントばかりに出没する僕ですが、そろそろ本格的に記事も書かなきゃなーと思っているので、自作ペンのレポート、頑張って書きたいと思います。

      duneriderさん、大変参考になる情報、本当にありがとうございました!

      See You!


      • 野口さん こんにちは
        ついに動き出したのですね! ブツはもう揃いましたか?
        読み方でゅーんらいだーであっていますよぉ 改めてよろしくお願いします(^∀^)ゞ

        Dr.グリップ派でしたか⁉︎ あの握りのプニプニ感が良いですよね〜 大好きです。
        プニュグリップもまさにあれと同じ感触。これの良いのは持ったまま手を開いても2本指でしっかりホールド出来るところ。Su-Penカーボンから何となく外してみたらポロポロ落としまくりでまたつけ直しました。今度はソーダの香りミニサイズw 右手用の半分ですのでこっちの方がSu-Penにはフィットしています。普段の画面操作はペン後端を持つとやり易いのでプニュをペンクリップに触るくらいの位置に付けています。クリップは使いづらくなっちゃいますけどね^^;
        これ普通に文房具屋にありますし 先日スーパーの文房具コーナーでも発見しましたから見つかりやすいと思います。あと100均にも似たのがありそう。ついでに遊び用の手頃な金属製えんぴつ補助軸もどうぞ!

        ジェットストリームの書き味は最高ですよね。このところすぐインクなくなるけど消せる便利さでフリクションボール愛用しています。

        さてその後は、各ペン先につるつるコーティングをたまにしていたら ステッドラー+セルローズ が全く反応しなくなっちゃいました。 吸わせすぎたのかも💦 つるつるコーティングは絶縁効果あるのかもしれませんね⁉︎
        そしてステッドラーのお尻の消しゴムを取り外し 余っていたゴムの交換用安物ペン先を付けてみました。Su-Pen先も試しましたがポロッと取れてなくしそうなので安物で代用。とりあえずは両側使えますw 少し便利

        ある日 バックの中から ステッドラー+Su-Pen先を取り出したら アダプタごとペン先が無い‼︎ 幸いにもバックのポケットの底にありました。知らないうちに緩んでいたのですね。たまに締めておかないと…野口さんもご注意を。 防止策に またまた余っているプニュグリップソーダの香りミニサイズの登場w 普通のペンキャップの様にペン使用時はお尻、鞄に仕舞う時はペン先に。 頼りないけど効果はありそうです。 アダプタに付いてるSu-Pen先も緩んでいる事もあったのでこっちもたまに締めてくださいね。ネジロックをチョイと付けとくと良いかも。

        ではでは 電導スポンジ 自作ペン レポ 楽しみに待ってま〜す (^з^)-♪

  • コメントを残す