パズドラ用の最強のタッチペンを再び比較してみた!- Touch Wand編 –

パズドラ用の最強のタッチペンを再び比較してみた!- Touch Wand編 -

以前、「スマートフォンでパズドラやる人へ。最強のタッチペンとフィルムは…」という記事で、ある理由から脱落したTouch Wand

その理由があまりにもタッチペンとしての性能から外れた、使っている時にうるさいっていうだけの残念な理由だったので今回は書き味だけにこだわって複数のTouch Wandを購入してどれが一番使いやすいのかを比較してみる事にしました。

スポンサードリンク

以前の記事でSu-Pen P201S-MSBNが最強などと謳ってはみたものの…

以前、ここで記事を書いたときにパズドラのペンはSu-Pen P201S-MSBNが一番といいました。それはコスパや書き味、使い心地などを考慮したことから決めたことだったんですが、

このTouch Wandのペンに関して、うるさいという理由だけで排除してしまっていました。

あれからもいろいろとたくさんのペンを使ってみてはいるんですが、実のところ、Touch Wandの書き味はSu-Pen P201S-MSBNを超えているのではないか?と疑問に思うことも多々あったのです。

Su-Pen P201S-MSBNはペン先が布のような素材ですが、Touch Wandは筆。この筆の素材がなんともすべりがよく、こっちの方がパズドラに向いてるんじゃね?とこのペンを使うことの方が多くなりました。

だがしかし、やはり前回脱落した理由の「使っているときにカチャカチャと音がうるさい」というのがネックです。使っていてストレスを感じる。

そこでTouch Wandの別シリーズを買いあさってみることにしました。

今回新しく買ったのはこの3種類

Touch Wand3

ミナトエレクトロニクスが販売しているTouch Wandペンは〇〇Typeという感じでペン先の筆の柔らかさや、そのペン自体の形の違いで数種類のペンが販売されています。

僕が確認した限りでは、D-typeM-typeF-typeDH-typeM100-typeC-typeの6タイプ。

その中で、DH-typeはD-typeにストラップ用の穴が開いているだけというので除外、M100-typeのペン先はC-typeと同じでデザイン違いというので除外して、前回買ったM-typeとあわせてC-type、D-type、F-typeの4種類を手に入れました。

ひとつひとつ紹介していきましょう。

Touch Wand D-type TWD-002BK

Touch Wand D-type TWD-002BK

一番ノーマルなヤツ。DはDesktopのDだそうです。色はブラックとシルバーの二色。僕はブラックの方を買いました。

Touch Wand D-type TWD-002BK3

全体像はこんな感じ。持つところにペン止め?胸に挿せるホック?みたいなのがついているけれど、使うときはちょうどそこが指にフィットしてなんだかんだで持ちやすい。

ペンの重さは前に紹介したSu-Pen P201S-MSBNよりも俄然軽い。パズルをするときに重いほうがいいみたいなことをとある著名人が言ってそれを鵜呑みにしていたけれど、ぶっちゃけ軽くてもそこまでパズルには影響はありません。

透明な部分を持つと画面をタッチしても反応しなくて、何かのプレゼンを行うときなどにポインターとして使えるみたいです。まぁ、パズドラには関係ないですけどね。

ペン先の硬さはシリーズの中で一番硬い。筆感はほとんどなくて、スライドだけじゃなく、タッチしてもその硬さが快適。赤おでんとかポチポチゲーのときでも万能。

Su-Pen P201S-MSBNに比べてみてもスライドは抜群で、Su-Pen P201S-MSBNよりも良くすべる。まぁ、でもそれは好みかな。

Touch Wand F-type TWF-001BL

Touch Wand F-type TWF-001BL

こちらは繊細との事でかなり柔らかめな筆先。Fはfineの意味だそうです。シリーズの中で一番細く、一番柔らかいペンです。

Touch Wand F-type TWF-001BL2

全体像はこんな感じ。D-typeとほぼ変わらない。重さもほぼ変わらない。違うのはペン先だけ。

Touch Wand F-type TWF-001BL3

書道で使う小筆を全部柔らかくしたらこんな感じなのかなぁ。または絵を描いたりするときに使うペンのような。

ぶっちゃけ柔らかすぎてタッチには向いていません。スライドだけに特化している感じなので、パズドラというよりも絵を描いたりするのに使ったほうがいいかなぁ?っていうペン。

色はブラックとシルバーの二色。D-typeと同じ色買っちゃったから、どっちかシルバーにすればよかったよ。

Touch Wand D-type F-type

D-typeとF-typeを並べてみたらこんな感じのパッケージ。左がF-typeで右がD-type。

Touch Wand D-type F-type2

裏面に書いてあることはほぼ一緒。

Touch Wand D-type F-type3

二つのペンを並べてみるとこんな感じ。ペン軸の長さは一緒だけど、筆先の長さがF-typeの方がちょこっと長い。ただ、F-typeはペンを胸に挿すホルダーの位置が透明な部分についているので持つときにそこにはあたらない。

なぜそこにつけてしまったのかとは思う。結構この指にフィットするの好きだったんだけどなぁ。

Touch Wand D-type F-type4

ペン先比較。密集度が違うよね。左がD-typeで右がF-typeね。

Touch Wand C-type TWC-100LU

Touch Wand C-type TWC-100LU

限定販売だそうです。Amazonのレビューは少ないですが、僕の中ではこのペンが一番のオススメ。

Touch Wand C-type TWC-100LU2

見よ、この圧倒的高級品的扱い。値段はそこまで高くないけど、パッケージに文字で商品の特徴を謳ったり全くしない。

Touch Wand C-type TWC-100LU3

普段はペン先が中に入っている。それが前の部分をスライドすると…

Touch Wand C-type TWC-100LU4

にゅいーん。こんな感じでペン先が出てくる。

Touch Wand C-type TWC-100LU5

光り輝くシャープなボディー。他のシリーズよりちょこっとだけ重たい。

Touch Wand C-type TWC-100LU6

ペン先はこんな感じ。硬さはD-typeより柔らかく、F-typeより硬い。ちょうど中間。筆感を残しつつ、タッチするにも申し分ない絶妙な硬さです。

D-type,F-type,C-type,M-typeを比較してみよう。

Touch Wand4

上から、M,C,D,Fの順。

これがキャップをはめたり、ペン先を閉じたりしている持ち運ぶときの長さ。やっぱりM-typeはコンパクト。C-typeは一番長いな。D,Fはペン先がしまえないのがネックだけど持ち運びしないなら関係ないよね。

Touch Wand42

左から、M,C,F,Dの順。

これが使うときの長さ。持ち運びとは一変して、M-typeが一番長くなる。続いてC-type。持ったときの重さはC-typeが一番重い。持った幹事では長い分だけM-typeが重く感じ、D-typeが一番軽い。D-typeによく似ているF-typeはペンホルダーが後ろにあるため、持ったときにD-typeよりも重く感じる。

Touch Wand43

ペン先はこれ。

左から、M,C,F,D。MとDは硬さが一緒。Fが一番柔らかく、Cがちょうど中間。どうやら、MとDとCは素材は一緒みたいです。毛先の細さの違いで感触を変えているんですね。

結局どれを買えばいいのか?

写真だけじゃわからないと思いますが、僕の中では使い心地や見た目も含めてC-type一択です。

…とは言ったものの、やっぱりD-typeも捨てがたいので、実際使ってみてどちらが使いやすいかあなたが選んだほうがいいかなぁと。D-typeは筆感がありませんがしっかりしているのでタッチにも向いています。C-typeはそれよりも柔らかいので若干タッチは弱いかもしれないですが、ソフトにスライドできます。

パズドラをやる限りではやっぱりC-typeが一番バランスいいかなぁ。

まとめ

今回はC-type推しでしたが、ぶっちゃけ次に僕が購入するとすれば、今回紹介しなかったM100-typeを買います。これデザインかっこいいよね。しかもペン先はC-typeと一緒みたいなので、使い心地とデザインで最強なのでは?と。

まぁ、コストパフォーマンスで言えばペン先を交換できるSu-Pen P201S-MSBNの勝利ですけど、使い心地やデザインで言えばTouch Wandがいいかな。

贅沢に言っちゃえば全部使って自分の好きなやつ使えば間違いなし!なわけですが、とりあえず、僕のオススメを紹介しておきました。参考程度にご検討くださいませ。

ではでは。

にゃんこ先生
どれが一番おいしい飴なのかは、舐めてみないことにはわからないにゃ~

スポンサードリンク

コメントを残す