Audibleすげー!
裏ワザ

iPhoneのChromeで見ているページを一発でPocketのアプリに送る方法!

ChromeからPocketへ記事を登録する。そんな当たり前の事だと思っていた事がiPadでは簡単には出来なかった。そして確認してみると案の定iPhoneでも出来なかった。

iPhoneでネットサーフィンする事、結構多いのにこれは問題だ!!こりゃーブックマークレットみたいなのあったら便利だなぁ…と思って、色々と方法を考えてみて、たどり着いた方法を伝授。

今日からiPhoneでもiPadでもChromeを使ったままPocketに記事を入れられるようになる!iPhoneでもJava Scriptを使うことは可能なのだ!!

スポンサードリンク

iPhoneでネットするならsafari?Chrome?え?ブラウザって何?

chrome-pocket01

PocketやInstapaperやReadabilityなどのあとで読む系サービスについての比較した記事を以前に書きました。今日はその記事の補足みたいなもんです。

まだ読んでいないあなたは、こちらからどうぞ。

あとで読む
あとで読む系サービスの比較。iPhoneならPocket使うの?あとで読む系サービス使っていますか?なんとなく聞いた事あるけど、イマイチよくわかっていないというあなた。一度使い始めると便利で便利でこれ...

このあとで読むサービス。すごく便利で、読んでいる記事をポンポン放り投げて、あとで読み返すことが出来るわけですが、PCでネットサーフィンする分には各サービスが用意してくれたブックマークレットを登録するだけで使えるんです。

どんなブラウザでもある程度使う事が出来るようにしてくれているのです。なんと優しい!!あ。ブラウザというのは、ネットサーフィンする時に開くアプリケーションの種類です。

WindowsならInternet Explorerが標準で付いてますね。MacやiPhoneならSafariが付いているし、AndroidのスマホならChromeが標準装備なはず。

まぁ、このブラウザってのは大体の人が最初に付いてくる標準ブラウザを使い続けるわけですが、中にはブラウザにある種のこだわりを持っている人もいて、新しく使いやすいやつをインストールなんてするわけです。FirefoxとかOperaとか…。

それで僕はネットで仕事をしているので、一通り有名なブラウザは全部入れてます。…が、メインで使うのはGoogle信者の僕はやはりGoogle Chrome!という事で、iPhoneでもネットサーフィンにはChromeを使うのです。

でもね、iPhoneやiPod touch、iPadなどのiOSの場合、PocketやInstapaperに記事を追加する機能が使えない場合があるんですよ。これに全然気がついていなかった。標準のブラウザなら大丈夫なんですけど、Google Chromeでは使えない!!

iPhone版のGoogle Chromeって便利なのに便利じゃない


このGoogle Chromeはね、PCと連携出来るのが便利なんです。僕のようにパソコンの前にいる時間も多くて、iPhoneでもそれなりに作業するって場合だと連携が本当に重要。

PCでGoogle Chromeを色々とカスタマイズして使っている僕としてはChromeこそが一番使っているブラウザ。だからiPhoneでもChromeを使っていたんです。

しかし、あとで読むサービスを使う時に困ったことになった。ブックマークレットが使えないやないか…。

スポンサードリンク

Android版のChromeでPocketを使う分には問題ない…

chrome-pocket02

Android版なら全然かまわないんです。メニュー出して「共有」選べば各サービスに投げる事が出来る。ヒョイッとアプリを切り替える必要なく簡単にPocketにイン!出来るわけですよ。

でも、iPhoneやiPod touch、iPad版のChromeはそうはいかない。まずAndroidと違ってメニューボタンという物がない。なのでブラウザにブックマーク登録して使うしかない。しかし標準ブラウザと同じように登録して使おうとすると…

chrome-pocket03

という具合になってしまう。こりゃ困ったことになった。なんとかならないもんかと考えてみて思いついた。その方法を今からお知らせします。ブックマークレットって何?というあなたも大丈夫!

やり方はコピペでいけます。

iPhone、iPad版ChromeでPocketを使う方法!!

まず、PocketやReadabilityなどのあとで読むサービスを標準ブラウザ(safari)に登録する画面を開きます。ここではPocketを使って説明することにします。

  • 手順1
    Pocketアプリのヘルプを開こう
    chrome-pocket04
    Pocketのアプリを立ち上げたら上の「Pocket」をタップして「Help」をタップ。

  • 手順2
    記事をPocketに入れる方法を見る
    chrome-pocket05
    「How To Save」をタップ。

  • 手順3
    Safariならこうだよ!の項目を見よう
    chrome-pocket06
    「From Mobile Safari」の「Install」をタップ。

  • 手順4
    読み飛ばそう!
    chrome-pocket07
    「Step 2 of 2」までさっさとタップ、タップ。自動的に必要なコードがコピペされている状態になる。

  • 手順5
    「一般」
    chrome-pocket08
    いったんホームボタンを押してPocketのアプリを閉じる。そしてみんなお馴染みの「設定」アプリを開こう。そして一般をタップするんだ!

  • 手順6
    「キーボード」
    chrome-pocket09
    キーボードなんて項目めったに使わないなぁ…。でもそこがいい!!ちょっと凄いことやってる気持ちになれる!

  • 手順7
    「新規単語を追加」
    chrome-pocket10
    「新規単語を追加」をタップしよう!今度は「キーボード」じゃないぞ☆

  • 手順8
    「単語」
    chrome-pocket11
    「単語」の部分をタップするとニョキっと「ペースト」の文字が浮かび上がってくるぞ!そしたらそれを押すんだ!java scriptが貼り付けられるよ!Java。ナニソレ。おっしゃれー♪

  • 手順9
    「ぽ」
    chrome-pocket12
    「よみ」を「ぽ」(わかりやすいものなら何でも可。ここではPocketの「ぽ」)で登録。

  • 手順10
    「保存」
    そして「保存」でおしまい!

以上です。これで、「あ、このページあとで読むサービスに投げたいなぁ」と思うページに出会ったら、URLを打つところで「ぽ」と記入して出てきた予測変換のJava Scriptをタップするだけで標準ブラウザのSafariと同じように保存することが出来ます。

iPadでも可能でした。

スポンサードリンク

iPhoneのChromeでPocketを使う方法のまとめ

chrome-pocket13

まぁ、苦し紛れな感じはしますけどどのサービスもコレで行けます。とりあえず僕はこの方法でGoogle Chromeを使い続けることにします。

よかったら参考にしてください。

※iPhoneの共有機能にPocketが追加されたので、この方法はPocketでは必要なくなりました(新しい方法はヘルプに書いてある)。他のアプリでブックマークレットを使いたい場合は大体この方法でいけますので、お使いくださいませ。

ではでは。iPadやiPhone版のChromeでPocketを使う方法でした。

にゃんこ先生
にゃんこ先生
ブックマークレットにJavaScript…人間は全く不思議なことを考えるもんじゃにゃ。
ABOUT ME
野口 明人
好きな映画は『オーロラの彼方へ』。好きな小説は『十八の夏』。好きなCDは『Return to Forever』。好きな漫画は『惑星のさみだれ』。趣味はロードバイクで日本をぐるぐる。そんなノッポでうずまきな30代。埼玉出身。ブログは今年で10年目!!記事少ないけど。…でも、それぞれ魂込めて書いてきたはず。だから、今日も読んでくれてありがとう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です