衝動買いの誘惑に駆られ借金地獄。クレジットカードを凍らせてみよう

衝動買いの誘惑に駆られ借金地獄。クレジットカードを凍らせてみよう

買い物に行くとついつい色々なものが欲しくなってしまう。次、来た時に無くなっていたら後悔する。だから今買わないと。そうやって買ったもののほとんどは、いざ手に入れてしまうと、なんでこんなものが欲しかったんだと疑問に思う物。そんな衝動買いの誘惑に負けてしまうのであれば、まずはクレジットカードを実際に凍らせてみよう。

スポンサードリンク

家には似たり寄ったりの洋服が沢山眠っている…

ども、野口です。今日は僕が今読んでいる本の中で「氷のコップ」という逸話が面白かったので単純に知識共有です。

僕自身、かなりの浪費癖がありまして、お金は稼げば返ってくるけれど、商品を手に入れられなくて後悔した気持ちは返ってくることがないっていう持論をモットーに、結構な衝動買いをします。

一番わかりやすいもので言えば服飾関係のもの。自分の気に入ったデザインの洋服を見るとどうしてもそれが欲しくなって、まして僕は体が大きいのでデザインが気に入った物でありかつ、自分に合うサイズを見つけるとそれは奇跡に近いもので買わなきゃいけないなんて気持ちになってしまって買っちゃいます。

しかし、その洋服をいざ自分の家に持ち帰るとよく似たデザインの洋服や似た感じの色の洋服が充満しており、結局1~3回着たぐらいでお役御免になることが多々あります。

それは考えてみれば当然な事で、自分の好みは決まっています。あの色よりもこの色の方が好きだっていうのは誰にでもある事だと思います。そしてその基準に従った衝動に負けて購入すれば自然と似たような洋服が家に集まってくるのです。実際、買い物をしている時は家にあるのと色は似ているけど、この小さなディテールが違うからいいんだとかいろいろと自分の都合のいいように納得させちゃっているものです。

衝動に駆られている人間は論理的思考が低下してしまうものなのです。

左脳は論理的思考、右脳は本能的衝動

左脳、右脳ってありますけど、論理的に考えるのが左脳。本能的に捉えるのが右脳。

これはあれだから欲しいのだと理由をつけて考えるのが左脳。よくわからないけれどとにかく欲しいと考えるのが右脳。

衝動買いをする時と言うのは、よくわからないけれどとにかく欲しいと考える右脳が働いていることになります。

論理の無い本能のまま生きると、セックスしたいと思った時にそばにいる異性を襲ったり、働くのが嫌だと考えて強盗に入ったりする衝動に駆られますが、それをセーブするのが左脳の役割である論理的思考です。

言葉を置き換えればより動物的なのが右脳でより人間的なのが左脳です。

これはどっちの方が強力な力を持っているかと言えばお分かりのとおり右脳です。人間は人間である前に動物ですが、動物は動物である前に人間ではないからです。

ダイエットの時についつい食べてしまうのも右脳の方が力を持っているという証明になります。食べ過ぎないほうが痩せるのは左脳で理解しているけれど、動物的右脳の食べたいという衝動に負ける。ほとんどの方が左脳よりも右脳の指示に従って生きていることになります。

衝動に論理が勝つには何が必要か?

まず、衝動的な誘惑というものは一時的なものだという事を理解することが必要です。平常時の心の状態を数値化して仮に論理的思考を50、本能的衝動を50だとすると、なにかを見て興奮した状態になると論理的思考が10、本能的衝動が90ぐらいになります。しかし、この状態がずっと続くことはなく、時間が過ぎればまた元の50対50に戻るのです。

過去の自分を思い返してください。あの時感じた衝動は今でもあなたの心に感じることはありますか?ほとんどの事はそんな衝動に駆られた事すら忘れてしまうぐらいのことなはずです。

つまりは、人間は常に人間的であろうとする気持ちがどこかしらに備わっていて、論理的思考と本能的衝動のバランスを保とうとするのです。

本能的衝動に駆られたままの人間なんていないのです。時間が経てば論理が頭の中に戻ってくるように出来ています。

よって、衝動買いを防ぐ為にはそこに時間的概念を入れてあげればいいことになります。

もちろん、ショップの店員さんたちはこの衝動買いの原理を理解していて、お客さんに考えさせる前に買わせろという指示のもと、購入を促してきます。なので、あなたはその指示の元に動いてお財布から現金を取り出し、支払ってしまった後論理的思考を取り戻し後悔することになるのです。

なので、それを防ぐ為にあなたがそのショップの店員さんの指示のとおり動いてしまっても支払を済ませるまでに時間がかかるように事前に準備しておけばいいという事になります。

クレジットカードをコップに入れて凍らせる

僕が読んだ本の中の逸話で「氷のコップ」というものがありました。コップに水を入れ、その中にクレジットカードを放り込み、凍らせる。

いざ、衝動に駆られて何かを買いたい時はそのコップを取り出し、氷が解けるまで待たなければならない。その待っている間に論理的思考が戻ってきて、本当に必要かどうかを考える事が出来るようになり、衝動買いの回数が減るというもの。

もちろん、街中に氷のコップを持ち歩くわけにはいかないですし、ネット通販などが出来てしまう昨今、氷に入ったクレジットカードでもその番号さえわかっちゃえば購入出来ちゃいますから意味がないんですが、この原理自体を活用することは可能です。

例えば、現金は持ち歩かない。クレジットカードも持ち歩かない。実際に衝動に駆られて何かを買いたくなった場合は銀行に行ってお金をおろさなければならないとか、いったん家に帰ってお金を持ってこなければならないというひと手間を加える。その手間が面倒くさくて、銀行に向かっている間に本当にあれは欲しい物なのだろうか、銀行に行ってお金をおろしてまで購入するものなのだろうか?とか考える時間が出来ます。

クレジットカードでネット通販をしてしまう人は、カード登録なんて物がすでにしてあってその場にカードがなくてもワンクリックで購入出来てしまいますが、その場合、自分のアカウントを持たず、身内にアカウントを管理してもらい、何か買うときはその人に一言、話をしてからじゃないと買えないようにするとか、クレジットカードを登録せず、ネットマネーを利用し、コンビニなどでネットマネーカードを買うに至るまでに時間を手に入れるとか、とにかく購入に至るまでに論理的思考が戻ってくる時間を作り出すことが大切です。

世の中はありとあらゆる手間を省くように出来ている

別に消費経済が悪いというわけではないですが、人間が人間である為の論理的思考が欠乏しているというのは問題です。動物のように本能のままに生き、食べたい時に好きなだけ好きなものを食べ、性欲に駆られた時に手当たり次第に発散し、眠りたい時に眠れるだけ眠る。かなり魅力的な生活ではありますが、言い方を変えればかなり堕落した生活でもあり、そこから何かを得ることは出来ないように思えます。

人間が人間である為に、目標を持ちそこへ向かって前進していくには、時には本能を論理的思考で自制することも必要なのです。衝動買いをしている人は、沢山のものを買う事はありますが、大きなものを買う事は出来ません。

本当に必要な時に本当に必要なものを手に入れるためには論理的思考が必要なのです。

ですが、実は世の中はありとあらゆる手間を省くように出来ています。国単位で国民を管理するために、企業単位で顧客を管理するために、思考力を持つ存在は邪魔なのです。

ジョージ・オーウェル「一九八四年」という小説を一度目を通してみてください。

この中に出てくる社会がたぶん、今の政治家たちが目指す国家の有り方です。

思考力を持つ人間は排除する。とにかく自分たちが思うように動いてくれる人間が望ましい。そのために世の中は便利になり、考えなくても何でも出来るようになって来ました。考えなくていいのは楽でいい。そして手間がかからないのは嬉しいと思うのは人間が本能的に生きられるから。本能的であることは魅力的なのです。

でも、それは人間が人間っぽさを捨てるってことです。考えてください。手間がいらないという事は考えなくていい事。考えなくていいという事は考えた時に後悔するという事もあるという事を知ってください。

…話がだいぶそれました。

衝動買いの誘惑に負けて借金地獄に陥るまえに、ぜひ論理的思考が入り込む時間を与える工夫をしてみてください。クレジットカードを凍らせる。

その氷が解けるまでに考えることは今現在の事ではなく、未来のことなはずです。

よりよい未来を築くために。今を生きるのではなく、未来を生きてみてはいかがでしょうか。

ではでは、今日はそんな感じで。衝動買いについての話でした。

たまには立ち止まって考えることも大切です。

にゃんこ先生
クレジットカードをハサミでチョキチョキするのがとっても快感にゃ~

スポンサードリンク

コメントを残す