TAG

短編小説

  • 2018/05/19
  • 2018/06/16
  • 0件

『象と耳鳴り』を読んでゾッとした。こんな国宝認めたくないよ…

『象と耳鳴り』を手に取り、ページをめくると見えてきた文章。“きょうは、ようへんてんもくのよるだ。”…なんと美しい響きの文章だろうと思った。全く意味はわからなかったが、妙に惹きつける。これは楽しみだと読み始めたのだが、なんだが読みにくい。過去の恩田陸…

  • 2018/05/13
  • 2018/06/16
  • 0件

『光の帝国―常野物語』と聞いてあなたが最初に思い浮かぶモノは何?

『光の帝国―常野物語』という文庫末にある解説のタイトルは「もう人間でいたくないあなたに」というものであった。実は読書の時間の中でも、作品を読み終えた後にたどり着く解説が存外好きな僕なのだが、この本を読み始める前に我慢できずに解説部分をチラ見してしまった。そして出てきたのが久美沙織の「もう人間でいたくないあなたに」だった