コイケヤポテトチップスとカルビーポテトチップス、どちらがお好き?

コイケヤポテトチップスとカルビーポテトチップス、どちらがお好き?

コイケヤポテトチップスが50周年だそうです。

ども。野口です。

ポテトチップス000

コイケヤポテトチップスのり塩買ったら、パッケージの袋に「50周年ありがとう」と書いてありました。

スポンサードリンク

そこで思いました。

野口明人
50周年?え?1960年代にもうすでにポテトチップスってあったの?

と。

というか、カルビーとコイケヤと同じ「ポテトチップス」という商品名で売っているけど、どっちが先だったの?とか、どっちが人気あるんだ?とか、いろいろと疑問が浮かんできました。なので調べてみることにした。

イメージとしてはポテトチップスと言えばカルビーだったんだけども…。あのジャガイモのキャラクターとかいるし。

ポテトチップス-01

通称、ポテト坊やって言うらしい。

ポテトおじさんって感じが僕はするんだけども。ダンディーぽてととか年上なネーミングの方がしっくりくる。

…とまぁ、そんなことはどうでもいい。なんとなく、キャラクターがいる事で元祖感が出て、カルビーのポテトチップスの方が身近な気がします。

んで、調べた結果。

カルビーポテトチップス、1975年発売。
コイケヤポテトチップス、1962年発売。

…なんと。

コイケヤさんの方が10年以上も早く販売しているじゃないですか!

日本で初めて本格的にポテトチップスの量産化に成功したのは湖池屋。とWikipediaに書いてあった。

ほう。コイケヤが先か。いや、でもなんでこんなに印象が薄いんだ。イメージキャラクターがいないからだろ!コイケヤポテトチップスのイメージキャラクター作れよ!50周年ならなおさら!

…なんて思って検索してみた、すでにいました。すいません。

コイケくん

かの有名なコイケくんです。

野口明人
…いや、知らんって。

キャラ薄っ!コイケくん!?ポテトチップスにあやかった名前どこ行った!?

なんてことをやりつつ、ポテトチップスの豆知識も。

ポテトチップスは当然、英語だと思われるんですが、アメリカではそのままポテトチップス。イギリスではクリスプと呼び方が違います。イギリスでチップスと言うとフライドポテトのことを言うらしい。

日本にもあるイギリスパブのHUBの看板商品のフィッシュアンドチップスでいう所のチップスです。白身魚のフライとフライドポテト出てきます。

野口明人
ということは作った人はアメリカ人です。

ポテトチップスの起源は諸説ありますが、食べやすいフライドポテト作れ!って言われて、なるべく薄いフライドポテト作ったら、こんなんじゃダメだ、もっとやれ!と言われたジョージ・クラムというアメリカのコックが腹いせにスライサーで作ったら、嫌がられるどころか喜ばれてしまったというのが有力らしいです。

んでポテトチップスの本場のアメリカではね、コンソメパンチないらしいんですよ。というか、のり塩すらないらしいです。この二つは日本オリジナルなようで、なんとなくのイメージですけどコンソメパンチと言えばカルビー。のり塩と言えばコイケヤなイメージ。

元々、塩味が定番だったみたいですけど、どうせ塩かけるなら日本独自の味にしようとして販売したのがコイケヤポテトチップスののり塩。

一方、コンソメパンチのカルビー。コンソメパンチのパンチってなんなん?と思って調べると、発売された1978年の流行語「パンチ」から取ったらしい。パンチをきかすなどの言葉が流行っていたので、強い印象のある商品名にしたいと思ったカルビーさんが作った造語のよう。

ほう。色々と考えるもんですな。

では、味の方はどうなんざんしょ?と思ったので、今、コンビニ行って買ってきた。

ポテトチップス-02

残念ながら、カルビーのポテトチップスは沢山の味が置いてあったけど、コイケヤさんの方がのり塩のみだったので、カルビーものり塩買ってきた。

比較してみよう。

ポテトチップス-03

左がカルビーのポテチ。右がコイケヤのポテチ。のりのかかり具合などは大して差はないと思われる。

ポテトチップス-05

↑これがカルビーのポテチ。なんとなく乾燥している印象を受ける。

ポテトチップス-06

↑これがコイケヤのポテチ。違いがわからん…。いや、ちょっとあぶらっこい?

ポテトチップス-07

↑これがカルビーののり塩を開けた時の感じ。

ポテトチップス-08

↑これがコイケヤののり塩を開けた時の感じ。

…おわかりだろうか。コイケヤの袋の周りにはちょっぴり油が付着してあり、カルビーの方はほとんど油が付着していない。なんてちょっと専門家ぶってみる。もう確実に思い込みのレベルだ!

ぶってみたついでに成分表比較。

ポテトチップス-09

↑カルビーの成分表

ポテトチップス-10

↑コイケヤの成分表

…なんと!!!

ちょっとずつ違う!!

そりゃそうだ!!でも、ちょっぴりコイケヤの方がカロリー低いんだね。…ってか、そこしか気にならんし、普段気にしない。

それで、食べ比べてみた。パリポリ。

まとめ

カルビーの方はパリっと乾燥している感じがする。コイケヤの方はほどよく油っこくしっとりパリパリという感じがする(あくまでも個人的感想)。

本当に、個人的意見ですが・・・!!

コイケヤの方が好きかもしれない。

野口明人
かもしれない。しれなぃぃぃ!!!!ぶりぶりぶりぃぃぃーー!!!

んな、アホな事思いついてやってみましたが、あなたはどっちのポテチが好きですか?

ではでは、こんな感じで今日はポテトチップスのお話でした。コイケヤさん、50周年おめでとうございます。

野口

にゃんこ先生
ネコとポテチと、時々マタタビ。食べ過ぎには注意にゃ。

スポンサードリンク

コメントを残す