ポップコーン 太るで検索したあなたへ!勘違いしている人が多いので…

ポップコーン-太るで検索したあなたへ!勘違いしている人が多いので…

ちょっと前に「ポップコーンメーカーを買ったら、体重がみるみる痩せた件について。」という記事を書いてからというもの、やたら「ポップコーン 太る」で検索してアクセスしてくれる人が多いです。勘違いしている人が多いと思うのでちゃんと明言しておきます。

スポンサードリンク

ポップコーンの成分を考えてみればポップコーンが太るなんて考えにはならない

ポップコーンはトウモロコシです。トウモロコシは世界三大穀物のひとつでそのまま食べたり、コーンフレークなどに加工して食べます。

コンフレークのCMなどを思い出していただければわかると思いますが、トウモロコシとは非常に栄養素が高い食物です。

【とうもろこしの栄養】 - とうもろこし百科
とうもろこしに含まれる主要な栄養素と、その栄養素の働きについて紹介しています。

などに詳しく書かれていますが、たとえば、とうもろこしの食物繊維の量は食物繊維代表のセロリよりも多かったり、糖質の代謝を助けるビタミンB1や発育に欠かせないビタミンB2、風邪予防、肌や皮膚を若々しく保つなど美肌効果のあるビタミンC、若返りのビタミンといわれているビタミンE、貧血を防ぐ鉄分、むくみの解消、高血圧予防効果のあるカリウムを含んでいます。

また、必須脂肪酸である脂肪酸の一つリノール酸を含んでいます。このリノール酸は食事からしかとることが出来ないもので、これが足りないと髪のパサつきや抜け毛などのほか、創傷の治癒の遅れが見られます。また、血中コレステロール値や中性脂肪値を一時的に低下させる働きがあり大切な栄養素です。

ポップコーンは穀物を粉にして加工するのではなく、コーンを丸ごと使った食べ物です。よって、トウモロコシ本来が持っている栄養素をまるごといただける食べ物です。

どうでしょう。トウモロコシの食べ過ぎで太ったとかあんまり聞いたことないでしょう?それにコンフレークって基本的に健康食品として販売されているはずです。

トウモロコシは太る食物ではないんですよ。

どう考えたって、「〇〇味」の方に問題があるのです!

近年、ノンフライヤーなんてものが人気です。

こういう商品が売りにしているのは油を使わないで作った商品のカロリー比較。

油を使わないことで一気にカロリーが下がるんですね。

ポップコーンも同じです。風味をつける為にバターを使ってはじけさせるからカロリーが大きくなるのであって、油を使わずに作りさえすれば、トウモロコシそのものの栄養素だけを取り入れることが出来るのです。

それを可能にするのが前回も

ポップコーンメーカーを買ったら、体重がみるみる痩せた件について。

2014.04.18

で記事にしたエアポップコーンです。

油を使って炒るのではなく、熱風によって破裂させる製法。そうやって作られたのがエアポップコーンです。このエアポップコーン、

HillValley(ヒルバレー) | エアーポップコーンの専門店
本場シカゴを越える味!体に良いエアーポップコーンの専門店「HillValley(ヒルバレー)」

のような専門店まであるぐらいメジャーになりつつあり、今じゃアマゾンでマシーンすら比較的安価で購入できてしまう。

僕もコレを購入してから楽しくエアポップコーンを作っている。かなりエアポップコーンにハマってしまって、ほぼ毎日食べてます。その結果、ダイエットなんて考えてなかったけど、10kg近く体重が減ったっていうのが前回の記事の内容。

あまりに意識せずに痩せたので、気になって調べてみた結果、僕自身ポップコーンに対してかなりの勘違いをしていることに気が付いて、それを共有するために記事を書きました。

ポップコーンは太る食品ではなく、健康食品そのものなのです。問題なのは、製造過程で付属してくる油や砂糖。市販されているものは「味」こそすべてですから、そんなことは気にせずキャラメルで味付けしたり、バターで風味を出したりします。キャラメル、バターどちらをとっても健康からは遠いような言葉ですよね。

つまり。

ポップコーンは太らないけど、「〇〇味」の部分に太る要素が入っていることになります。

でも、ポップコーン「無味」なんてものは売っているのをあまり見たことがありません。ポップコーンは人々にとって健康食品ではなく、あくまでもスナックなのです。なので、子供が食べても喜ぶような味付けをします。無味のものが好きな子供が少ない為、ポップコーンは味付けをしなければ売れないのです。

僕はメモ中毒なので、あらゆる事をメモしていたりしますが、過去に食事の味付けを薄くしたことがありました。痛風予備軍になってしまったので行った処置だったのですが、味付けを薄くするだけで体重が減りました。

それだけ味付け次第で太る太らないは決まっちゃうもんなんですよ。

どう考えたって、ポップコーンの成分を見れば太るというよりは痩せる側の食品なのに、ポップコーンを太る食品と記憶付させているのは、バター醤油、チーズ、キャラメルなどのフレーバーなのです。

ぜひ、あなたの体で確かめてみてください。

断言します。

僕はポップコーン食べてたら痩せました。普通に生活して、ある日Amazonでポップコーンマシーンを発見して、安かったので購入しました。そしてその楽しさに釣られ毎日ポンポン食べただけです。それ以外はいつもと同じ生活です。

ポップコーンの出現によって痩せたわけです。

しかし、やっぱりイメージというのは強いわけで、ポップコーンは太る食べ物だという人が後を絶ちません。僕の記事を見る人のほとんどが「ポップコーン 痩せる」ではなく「ポップコーン 太る」で検索してアクセスしてきます。

アメリカンな食べ物代表のポップコーンの性なのかもしれませんが、ぜひそのイメージを払拭していただいて、ポップコーンとは大豆やヨーグルト、オリーブオイルと並んで健康食品なんだと理解してもらいたい。

大豆ダイエットとか、ヨーグルトダイエットとか、オリーブオイル健康法なんてものは聞いたことあるけど、ポップコーンダイエットがそれほどメジャーじゃないのはちょっと悲しい。

色々と自分の体を使って実験をしている僕としてはこれほど考えもしていなかった結果を手に入れられた食品は他にないのだから。

僕もダイエットの為にヨーグルト食べたり、バナナ食べたり、サプリメント取ったり、1ヶ月1万円ぐらいする置き換えダイエットなんてものをやってみたことがあったけど、それらは思ったよりも結果が出なかった。

それなのに思ってなかった結果が出ちゃったんだから面白い。ぜひ、この驚きをあなたにも体験してもらいたいです。ポップコーンなんて10000円もしないんで。

ヘタなダイエット食品買うよりも安く、なおかつ楽しくダイエット出来ると思いますよ。

僕はあまりにポップコーンにハマりすぎて、業務用のやつ買っちゃおうかなって思ってるぐらいです(笑)

発見しちゃったんだよな、これ。うーむ、1kgのやつ買うより断然安いんだよ…。ポチっちゃおうかな。ポチっちゃおうかな。ポチっちゃおう。

あ、ちなみにポップコーンにはバタフライ豆とマッシュルーム豆というのがあって、一般的なやつがバタフライ豆の方。安くて膨張率が高いからコスパ命。最近出来た行列の出来るポップコーン屋さんが使っているのはマッシュルーム豆という丸く弾けてコーティングがしやすいポップコーンなんだそうだよ。

↑これがマッシュルーム豆。こっちはちょっち高い。マジでAmazonってなんでも売ってるのな…。ポップコーン屋始められるじゃないか。

ではでは、そんな感じで。「ポップコーン 太る」について語りました。

…今日も僕の机にはポップコーンがどっさり盛ってあるバケツがあります。それをポンポン食べながら書いた記事でした。

追記:僕が買ったポップコーンメーカーが売り切れているみたいです。

まだこれはありました。

にゃんこ先生
ダイエット中なのに、どうしても食べちゃうとかいう人はかわいいにゃ~

スポンサードリンク

コメントを残す