『Return to Forever』ジャズのイメージをぶっ壊す

Return to Forever

Return to Forever


アーティスト名:Chick Corea
レーベル:ECM, ポリドール, コロムビア, イーグルス
国:アメリカ
おすすめ曲:1.Return To Forever,4.Sometime Ago - La Fiesta
購入:Amazon ,iTunes
『Return to Forever』レビュー
7.5 管理人の総合評価
バランス
サウンド
聴きやすさ
中毒性
心酔度

ジャズってこんなのもあるんだ!?とジャズの幅を広げさせてくれた名盤『Return to Forever』。コレを聴かなかったら僕の音楽ジャンルの幅は非常に狭いものになっていたに違いない。

スポンサードリンク

ジャズってどんな曲?

今日はちょっと珍しいジャズの一枚を紹介。ジャンルはフュージョンです。

ジャズと言えば、どんな感じの音楽?と質問すれば恐らく答えが全くまとまらない。賑やかに演奏するのもジャズだし、静かに演奏するのもジャズ。ピアノジャズもあればサックスもある。はたまた木琴を使ってもジャズだしエレクトロ楽器を使ってもジャズ。

ジャズの巨匠で、この人のアルバムだけ聴いておけばよいとまで言われるマイルス・デイヴィスですが、彼のアルバムを発表順に聴いていけばジャズがどんどん変化していくのがわかると思います。ジャズってフレームに収まらないぐらいジャンルが沢山あって、時代を追って形を変えていった音楽なのです。

んで、今回紹介するフュージョンというジャズの歴史。

1960年代ぐらいにマイルス・デイヴィスがエレクトリック・ジャズのブームを作って、ジャズに電子楽器が使われるようになります。電子楽器が使われ始めると段々「ジャズ」というフレームがあいまいになってきて、1970年代にはロックミュージックやラテン、ソウルなんでもござれな感じになったんですね。それがフュージョンです。

ドラゴンボールでフュージョンっていう技で合体しますけど、音楽ジャンルの融合です。

ここまでごっちゃまぜになっちゃうとジャズなの?っていう意見がちらほら見えてきますが、僕としてはフュージョンは結構好きなジャズのジャンルのひとつです。

正直、ジャズにちょっと飽きてしまった時期があったんですが、今回紹介するChick Coreaの「Return to Forever」というアルバムに出会ってそこからまたジャズ熱が再熱しました。このジャズを聴くことで、新しいジャズも聴くようになったし、やっぱり昔のもいいなって思って昔のやつも聴くようになった。

さらには、フュージョンからテクノに興味を持つようになり、テクノからエレクトロニカと自分の聴く音楽ジャンルを幅広くしてくれたアルバムでもあります。

まぁ、どんなジャンルかまずは聴いてもらった方がいいと思います。

CHICK COREA RETURN TO FOREVER

こんな感じ。

うん。やっぱりいいな。Chick Coreaの弾く電子ピアノが聴いていて心地よい。最初は何だこれ?状態だったけれど、このアルバムほど何度も何度も聴いてハマっていくアルバムはなかった。

スルメミュージックです。

ジャケットもかっこいいしな。このアルバム4曲入りなんだが、本当に素晴らしいよ。3曲目とかも聴いてもらえば、これマジでジャズなの!?って感じの日曜日の朝です。口ずさんじゃうよ。

Return To Forever(Feat.Flora Purim) – What Game Shall We Play Today

ね!?コレを聴きながらトーストにバターとジャムをたっぷり塗って頬張ったらそれだけで幸せな休日です。

4曲目もいいんだ。素晴らしいんだ。とにかく4曲全部が素晴らしいんだ。

ぜひ、一家に一枚欲しいアルバム『Return to Forever』。友人にも薦めやすい聴きやすいアルバムだと思います。

もちろん、「Now He Sings Now He Sobs」のようなフュージョンじゃないChick Coreaもいいけど、僕はフュージョンの時のChick Coreaが好きだなぁ。

ではでは、そんな感じです。

Chick CoreaのおすすめALBUM

iTunesで探す

Return To Forever

Return To Forever

  • 価格¥ 1600
  • トラック数5
  • カテゴリージャズ
  • リリース日1974-01-01
  • ℗ 1974 ECM Records GmbH, under exclusive license to Deutsche Grammophon GmbH, Berlin

Return To Forever

Now He Sings, Now He Sobs

Now He Sings, Now He Sobs

  • 価格¥ 1300
  • トラック数13
  • カテゴリージャズ
  • リリース日2002-07-03
  • ℗ Blue Note (R) is a registered trademark of Capitol Records, Inc. 2002 Capitol Records, Inc.

Now He Sings, Now He Sobs

にゃんこ先生
トーストとジャズってよく合う気がするにゃ〜

スポンサードリンク

コメントを残す