『Mischa Maisky』クラシックはチェロから入るのがいい

Mischa Maisky

Bach: 6 Suites For Solo Cello BWV 1007-1012


アーティスト名:Mischa Maisky
レーベル:Dg Imports
国:ラトビア
おすすめ曲:1.BWV 1007: Prelude
購入:Amazon ,iTunes
『Mischa Maisky』レビュー
6.5 管理人の総合評価
バランス
サウンド
聴きやすさ
中毒性
心酔度

一番初めのクラシックのおすすめはこの一枚だ!Mischa Maiskyの「Bach: 6 Suites For Solo Cello BWV 1007-1012

スポンサードリンク

クラシックはどれを聴いても同じに聴こえてしまうというあなたに…

クラシックミュージックってなんとなく敷居が高いから、何を薦めたらいいのかな~、なんて考えていたんですが、いろいろと考えた結果、壮大なオーケストラではなく、静かなクラシックにしてみました。

クラシックの世界でも、バッハは比較的聴きやすいと思います。なんとなく耳に馴染むというか、心地よいというか。そのバッハの無伴奏チェロ組曲の名盤を紹介します。

チェロです。でっかいバイオリンみたいなやつを体全体で抱えて、優雅に弾くのです。その演奏者で有名なのが、ヨーヨー・マ、パブロ・カザルス、ミッシャ・マイスキーと複数いるのですが、僕はミッシャ・マイスキーが好きです。色々と聴き比べた結果、彼の演奏が一番僕の耳には合っていました。

Bach – Cello Suite No.1 i-Prelude

ラモスみたいなおっさんがすごく穏やかに、かつ情熱的にチェロを弾いているのを聴くと、なんか心動かされるものがありますね。このおっさん、徹子の部屋にも出たことがあるらしいですよ。

まぁ、僕は観ませんでしたが。

あ、そうそう。この人の無伴奏チェロ組曲は何回も録音されて、発売されていますが、1984年録音の無伴奏チェロ組曲がイイです。その録音がかなり評価されて有名になったんですが、その後に録音したやつはどうしても、1984年盤を抜けませんね。映画と一緒です。一番最初のやつが好評だったから続編作ってみたけど、やっぱり一番最初のが一番いいやって感じで。

なので、クラシックなんてどれもこれも同じように聴こえるんですけど…っていう人もいるかもしれませんが、そういう人こそ1984年録音の無伴奏チェロ組曲を聴いてみてほしいです。この一枚で意外とクラシックミュージックにハマるかもしれませんから。どれも同じように聴こえるってのは、実際、どれも同じようにしか聴こえないようなCDを選んじゃっているからなんですよ。

ちゃんとした「名盤」ってやつを聴けばね、どこがどう違うとか、あ、なんとなく雰囲気が違うな~、なんてものがわかるようになりますよ。…たぶん。

まぁ、僕はわかったつもりになっているだけかもしれませんけどね。知ったかですけどね。それでいいんです。クラシックはラフに聴くのがちょうどいい。んで、興味を持ったら演奏ホールに足を運んでかっちりと聴くと。そんな感じで捉えれば、クラシックミュージックも入りやすいかと思います。

ではでは。

Amazonで買える『Mischa Maisky』のおすすめALBUM

『Mischa Maisky』のおすすめALBUMをiTunesで探す

Bach: 6 Suites for Solo Cello

Bach: 6 Suites for Solo Cello

  • 価格¥ 2500
  • トラック数36
  • カテゴリークラシック
  • リリース日1985-01-01
  • ℗ 1985 Deutsche Grammophon GmbH, Hamburg

Bach: 6 Suites for Solo Cello

スポンサードリンク

コメントを残す