『そして誰もいなくなった』良作。ミステリー入門としても素晴らしい

そして誰もいなくなった

そして誰もいなくなった


著者:アガサ・クリスティー
翻訳者:清水俊二
出版社:早川書房(ハヤカワ文庫)
出版年月日:2003/10/1
ページ数:367ページ
ISBN-10:4151300805
『そして誰もいなくなった』レビュー
7.1 管理人の総合評価
読みやすさ
為になる
何度も読みたい
面白さ

アガサ・クリスティーを読んでみたかったので、一番有名な「そして誰もいなくなった」を読んでみました。

とにかく、「見事」でした。グイグイと引き込まれていきました。ひとつのミステリーを完結させるにはちょうど良い長さの作品で、非常に読みやすい。この作品に関しては全く持って不満はありません。

これを読んで感じたことは、魅力的な文章というのは「謎」が必要なのだということです。東野圭吾にしろ村上春樹にしろ、売れている作家というのは、ミステリーにしろ、ミステリーじゃないにしろ、作品を通して「謎」というのが含まれています。どのようなジャンルの作品でも「謎」がある作品というのは、総じて魅力的な面白い作品になります。逆に謎がないと、すごくのっぺりとした内容のない作品になりがちなのだというのを悟りました。

ビジネスの広告を書くにしてもそうでしょう。「謎」や「秘密」が隠されていない広告というのは全く読む気がしない。一目見てすべてが把握出来てしまうものはよくないもの。手に取って、もっと知りたい、もっと知りたいと思わせるような広告がよい広告なのです。

読者は平凡なものを取り入れる程、暇ではなく寛容ではないのです。この作品はその事を切に語っています。

そしてこの作品の素晴らしい所は主人公が不特定な所です。様々な視点から描写されていて、それでいて読者を混乱させることはないわかりやすい文章。それは作者が明確なキャラ付を各登場人物に持っていたからだと思います。

とにかく無駄がない。アガサ・クリスティーのすごい所はそこなのだなと思いました。流石、世界で一番本を売り上げている小説家です。

この本は、読んでも絶対に損はしません。おすすめです。

スポンサードリンク

コメントを残す