Audibleすげー!

『自分』を嫌いな自分に詠う生きるための詩。クソくらえの自分に詠う

自分

自分

人間はとても弱い

自分までが自分を嫌ってどうする

せめて、自分だけは自分を好きでいよう

自分を好きでいる事になんの罪があろうか

自分を好きなあなたは誰にも責めることは出来ぬ

たとえ自分の性格がとても酷いものでも、自分の姿形が憎くとも、自分だけは自分を好きでいよう

自分は自分を傷つけることは出来ぬ

自分を傷つけてもそれは周りが痛いだけだ

あなたが周りに傷つけられたなら、その傷はいつか誰かを救う

自分を好きでいればいつか誰かを救う事が出来る

だから自分を好きでいるのだ

いつかきっと生きていて良かったと思える時が来る

その時まで自分を好きでいよう

自分を好きなあなたはきっと誰かに好きになってもらえる

自分だけは自分を好きでいよう

まずはそれからだ

全てが嫌になったのなら、全てが変わるまで寝てしまえ

そうすれば何かが変わる

逃げてもいい

投げ捨ててもいい

全ては自分が決めたことだ

その決心をした自分を好きでいよう

ああ

上を見れば空があり、後ろを見れば過去があり、息を吸えば未来がある

生きよう とにかく生きよう

一呼吸吸えば、一呼吸生きられる

悩む自分までも愛おしい

全てが汚かったとしても、あなたが一呼吸吸う事で、そこに循環が生まれる

あなたの生み出した空気は植物の栄養になり、それが虫たちの蜜になり、新しい花を咲かせる

あなたが生きている事はとても多くの命を巡らせているのだ

だから自分を好きでいよう

好きでいよう

捨てるな命を

捨てるな勇気を

あなたはあなたの人生の主人公であり、あなたの好きに生きていいのだ

弱い人間ばかりが生きている世界で、人を傷つけることで強くある人間の世界で、生きる事は勇気のある事だ

だから自分を好きでいよう

言い返せずとも、生きているだけでそれは全てへの抵抗になる

誰かをいじめる誰かは、きっと自分が嫌いであろう

だからあなただけは自分を好きでいるのだ

大丈夫

好きでいよう

ABOUT ME
野口 明人
好きな映画は『オーロラの彼方へ』。好きな小説は『十八の夏』。好きなCDは『Return to Forever』。好きな漫画は『惑星のさみだれ』。趣味はロードバイクで日本をぐるぐる。そんなノッポでうずまきな30代。埼玉出身。ブログは今年で10年目!!記事少ないけど。…でも、それぞれ魂込めて書いてきたはず。だから、今日も読んでくれてありがとう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です