四国遍路準備の旅、徳島66日目。すべての記事を消した理由と目線

『四国遍路準備の旅、徳島66日目』。諸事情により、今までの旅の記録はすべて削除しました。また機会があれば時間をとって、改めて書き直そうと思うので、今日から新しく四国遍路準備の旅編としてお楽しみください。

なにが起きたのか?それについても一応今日の出来事でわかってくることでしょう。

ではではおたのしみくださいませ。

スポンサードリンク

四国遍路準備の旅、徳島66日目。

4時半起床。昨日からの風邪の影響で体の節々の痛みが残っている。トイレに行こうと外に出ると、目の前にはオリオン座。

あれはシリウス。あれはベテルギウス。あれはプロキオン。冬の大三角だ!満月に近い月に照らされ星が弱々しく瞬いている。

僕はなんとなく頭に藤原道長の和歌が浮かんできた。

この世をば わが世とぞ思ふ 望月の 欠けたることも なしと思へば

道長はどんな気持ちで詠んだのだろう。

今、僕の生活は満たされている。この生活がずっと続けばいいなと思うけれども、満月がずっと続かないように、いつかこの時間も過ぎ去ってしまうのかと考えると途端に寂しい気持ちになる。

そんな気持ちになりながらも僕は山の上の小屋へ歩いていく。

気温は氷点下0.5℃ほど。数日の中では比較的暖かい朝だ。ガサゴソと何かの音が鳴ったがおそらくタヌキであろう。僕は気にせず部屋に向かう。

先生達が起きてくる前になんとかお湯だけは沸かしておこう。僕はヤカンに火をかけフラフラっと椅子に座る。体が重い。まだ風邪は治っていないらしい。息を吸うと肺の奥が痛む。

ヤカンがファーンと音を上げ、沸騰を知らせたので魔法瓶に入れる。そして机を綺麗に拭いている頃に先生達は起きてきた。

「もう大丈夫なのか?」

「昨日よりだいぶマシになりました」と言いながらも咳き込む僕に、「いいから寝ていろ」とお茶を飲み、先生達はどこかへ車を走らせて行った。

僕は部屋の戸締りをし、寝ていた場所へ戻る。

再び眼が覚めるとすでに明るくなっていた。

部屋に戻った僕はどうやら倒れこむように寝ていたらしい。なにやら車のクラクションが鳴ったように思い、部屋を飛び出し門の前に行ってみたが、先生達は帰って来ていない。

これは空耳かしら。はたまた統合失調症の例のやつか。僕は頭をかしげながら縁側の場所に戻るとそこでヤマガラがギィーギィーギィーと餌をねだっていた。

僕を呼んだのはお前か。

仕方なくヒマワリの種を先生が先日こしらえたエサ台の上に置いて、トントンと爪で2回叩く。ほれ、エサあげるぞ。

僕はエサ台の横でカメラを構え少し待った。

お。右側の方からヤマガラが顔をのぞかせる。

エサを発見したヤマガラ。

ヒマワリの種の元に近寄り、1つ摘んで飛んで行った。ちょうどその頃、先生達の車が帰って来たのだった。

綺麗な飛行機雲の下、手足をもがれた気持ちに襲われる

先生達は、縁側のすぐそばで焚き火をしながら、作業をする。

僕は一眠りして軽くなった体を喜び、手伝いをする。どうやら薬が効いてきたようだ。体の節々の痛みも取れ、息を吸っても肺が痛くならない。

手伝いをしながら、先生はある話をする。

とある企業の話だ。ある社員が写真を撮り、それが世間に広まり、1つの企業が潰れた。野口くんのブログをワシは読んでいないが、ある人から電話があり不快な気持ちになったと言う。

僕は目の前が真っ暗になった。

ここでの生活を僕は記録を兼ねて、日記に残していたが、ある程度気をつけていたつもりだった。前にも一度忠告を受け、写真を載せる時はある程度許可を得た上で載せていたつもりだった。

しかし、すべてはつもりで終わっていた。

僕は冷静さを装いながら、パソコンに向かい、今まで書いた全ての記事を削除した。

誰かに何かを言われた気がしたが頭の中に入ってこない。

まただ。またお前は周りを不幸にする。お前の行動がすべてを悪に変える。

僕はパニックに陥り、頭の中の言葉をすべて吐き出す。

こんなクソのような仕事だった。僕が外で働けないからと言って考え出した仕事はなんの意味もなく、人を傷つけるような悪の仕事だった。なんなんだ。僕はなんで油断したんだ。

僕は人と関わってはいけない。

部屋を片付け、逃げ出そうとする

僕はパソコンの電源を切る。ペンと紙を取り出し、頭の中を紙にかきなぐる。頭がうるさい。

人を思って書いたつもりが、人を傷つける結果になった。まただ。また僕は知らない間にナイフになっていた。

なにも変わっちゃいない。だめだ。ここにいてはダメだ。せっかく優しくしてもらったのに、無茶苦茶にしてしまう。

リュックサックにすべてを詰め込み、立ち去ろうとした時、先生が目の前に現れる。

「なにをしとるんだ」

僕はもう言葉が前に出なくなっていた。どもりが始まった。うまく言葉にならない。

くそう。くそう!くそう!

なんなんだ。僕は一体なに様なんだ。

人を傷つけて、人を傷つけて、人を傷つける。一体僕はなにがしたいんだ。

先生は僕をぎゅっと抱きしめて大丈夫だからと言う。

ワシはお前を息子のように思っとる。人がなにを言ってもお前の気持ちはよくわかるから大丈夫だ。少しずつ勉強していけばいい。それが修行をするって事なんじゃないか。

僕はだんだん落ち着いていく。しかし言葉が回らない。ただ涙を流し、鼻をかむのみである。

あぁ。

言葉にならない。

くそう。

僕は床に転がった中敷を見つめ、その横にちょこんと死んでいたカマドウマを見つけた。僕が代わりになれたらよかったのに。お前は僕だ。

手足をもがれ、干からびて死んでいく。僕になにが出来るだろう。言葉もなく、飛ぶことも出来ず、ただ震えることしか出来ない。

あぁ。

僕は頭を落ち着かせ、部屋を見渡した。そこにはただ準備だけされたリュックサック。旅に出て、中途半端に旅を中断し、勝手気ままに書いたブログ。

僕が今まで行ってきたのは、映画の批評だったり、漫画のレビュー、肌やゲームの知識の共有。旅の記事は書いてこなかった。これは初めての事だから、失敗するのは仕方がない。

仕事にするならちゃんと人の事を考え、人を傷つけないような記事を書こう。もちろん、今までも人を傷つけるような事を書こうと思ったつもりもないけど、もっともっと気をつけよう。

これを読んでくれた人が心がふわっと軽くなるように笑いを踏まえたつもりだったが、笑いも時には狂気になる事を知ろう。

少しでも部屋にこもっている人が外に出たくなるような記事を書いたつもりだったが、自分よがりな記事だったようだ。

相手の気持ちになる。これがどれだけ難しい事かわかった。人の気持ちになれないならば記事に書くのはやめよう。人を記事に登場させるのはやめよう。

そして、僕はまがりなりにも文筆家である。写真に逃げてはいけない。なるべく言葉で表現していこう。写真を用いて逃げるのはやめよう。

そう考えつくと少し気持ちが楽になった。しかし、不安は消えぬ。消えぬならうまく付き合っていくしかない。

両親が送ってくれたお菓子で糖分を頭に入れる。

昨日、僕が1日寝込んでいる間に埼玉から両親が送ってくれたお菓子が横に置いてあった。梅林堂。埼玉のお菓子屋さんの菓子折り。

僕は1度食べてみたかった、やわらかサブレを口に入れた。

おぉ!

なんだこの美味しさは。あまり良い表現ではないかもしれないが、チョコのアイスクリームのコーンを食べているような不思議なサブレ。食感もぐにゅりとして、他のサブレとは一線を画す逸品。

「これ、10枚ぐらい食べれちゃいますね」

そう言う僕の声はどもりが消えていた。

いつもと違う道を走り、徳島の西へ

ご飯を食べた後、先生は僕に気を使ってくれたのか、今日はちょっと遠出をして徳島の西の方の温泉に行ってみるか?と提案をしてくれた。

僕はたたんでいた布団を再び敷き直し、電気毛布のスイッチを入れ、外に出かける準備をする。これをしておくと眠る時にすっと眠りに入れるのだ。

いつもと違う山道を下り、いつもと違う道を走る。横に見える吉野川もいつもと違う風景だ。

太陽が山に沈んでいく。向かう先はあの山の終わり。

1時間ほど走らせ、山の終わりに近づく。綺麗だ。終わりはいつも綺麗に見える。終わる事は美しい。

人の栄華も、人との関係も、すべて終わる。終わりがあるから人は今を頑張る。どうせ終わるなら頑張る必要もないと考える人もいるかもしれないが、美しくありたいのであれば僕は頑張って終えよう。

頑張れる事に感謝しよう。生きて死ぬ。みんなそれは平等だ。死ぬために生きている。どうせならいい人生だったと言える今を生きよう。

藤原道長はきっと人生が楽しかっただろう。1度でもこの世を自分の世の中だと感じる事が出来たのだから。終わる事など考える間も無く死んでいったのかもしれない。

そんな事を考えている間にも走る道。ただただ前に進むのみ。

今日の目的地である紅葉温泉まですぐそこ。

紅葉温泉、大人510円!ここは100点満点中…

到着した紅葉温泉。建物のすぐ目の前には紅葉があった。先生が僕を撮ってくれた。

これが建物。

先生が露天風呂の前で撮ってくれた。僕の背中には羽根がある。

さて、紅葉温泉のレビューをしていこう。

シャワーの出が端っこだけ悪かったが、それ以外は土柱温泉を超える出来だ!

激あつの湯、ぬるあつの湯とあったが基本的にはヌルヌルした温泉の質で肌がスベスベになりそうだ。

水風呂は過去最高に冷たい!水流が止めどなく流れているので、体温をごっそり持っていく。普段なら5分ほど入っていられる僕だが、2分少々でダウン。

サウナは5人ほどのスペースでテレビ付き。音声はサイドのスピーカーから出してくれているのですごく聞こえが良い。

何よりここが素晴らしいのはシャンプーである。ノンシリコンの炭シャンプーにコンディショナー、そしてボディーソープ。

シャンプーを頭でゴシゴシすると一瞬墨汁をかぶったような匂いがほのかに香り、そしてシャンプーのあのよい香りが続いて鼻にはいってくる。これは面白い。

コンディショナーを頭につけたまま、髭を剃り、体を洗う。すべてを終えた後にコンディショナーを流すと髪の毛はスベスベ。

ドライヤーも無料。完璧だ。

露天風呂から見える景色は良い。温泉の質は良い。コスメも、温泉の種類も、サウナも。ほぼ満点の出来。

ここはいい。

しかし一つだけ。料金が510円。10円。お釣りがちょびっとだけ面倒臭い。それだけ。先生がお風呂代を出してくれた。温泉の外には食事処もあり、入り口はイルミネーションで飾ってあってきれいだ。

こんな感じでね。ここは徳島に来たら是非行ってもらいたい温泉の1つ。もちろん、今までの所もすべて良いところだけれど、露天風呂からの景色が素晴らしいのはここと土柱温泉の特権だ。

うどん屋、元。冷しうどん530円。

お風呂を出た後に先生は僕をうどん屋さんに連れて行ってくれた。

僕が頼んだのは冷しうどんの1.5盛り。530円に62円増しで1.5盛り。量が多いのか、つけつゆが2つ付いてきた。

麺の一つ一つがすごく長く、グニュグニュ系のうどんだ。昔食べたなかむらという香川のうどんに食感が似ていた。

ここに来てから醤油うどん以外のうどん、つけつゆで食べるうどんを始めて食べたが、すごく旨かった。この写真は載せても誰も傷つけないだろうか。

うだつの街並みを通り、うだつの上がらない野口

うどんを食べた後、再び先生は気を使ってくれたのか、うだつの街並みを見せてくれた。今日はフルコースだ。なんだか申し訳ない気がする。

先生は野口ってのがあったぞ!面白いから撮っておけ。とおっしゃったが、そこにはうだつが上がっていなかった。

うだつがあがらない。

出世が出来ないという慣用句。

まぁ、出世はしなくてもいいから、いいか。

帰り道にチョコのアイスまでも買ってくれた。本当にすごく心配をかけてしまっている。

美味しさが、知覚過敏の歯とともに心に沁みる。

抜けないトンネルはない。数週間前に聞いたあの人の言葉が今になって心に響く。

四国遍路準備の旅、徳島66日目のまとめ

いつものように山の道を登る途中、目の前を何かが動く。

あ。子鹿だ。

子鹿はこちらに何も警戒心を持つことなく、目の前に出てくる。

すっかり体を見せてしまった後、下に何か美味しいものがないかを探りながら全く逃げる事をせず、車のライトを見つめていた。

鹿も一生懸命生きている。人を恐れもせず、恐怖も知らず、ただ食べ物を探して生きている。

恐怖さえ知らなければ、何も怖がらない。

僕は一体どうすればいいのだろう。僕は書き続けていいのだろうか。この文章を読んで傷つく人がいないだろうか。

何を書いていいかわからなくなった。

自分は文書を書いてお金を稼いでいる。それが汚いことのように思えてきた。人の力になりたいと思い書き始めた事だったが、稼ぐために書いているのではないか。

本当に人のためか?自分のためなのではないか?

部屋に戻り、先生と特に話す事もせず、卵酒を作った。

飲んでも体は温まらない。

22時に解散。

不安が襲ってくる。誰かに見られている気がする。僕は逃げ出し叫びたくなった。僕は一体、何をすればいいのか。生きていて本当にいいのか。本当にここにいていいのだろうか。誰も傷つけたくない。

夜は終わらない。

四国遍路準備の旅、徳島66日目』。

にゃんこ先生
…。

スポンサードリンク

この記事が参考になったら広めて頂けると助かります。

8 件のコメント

  • 野口さん居なくなったのかと思って心配しましたよ。
    私だって今までに沢山人を傷つけてきました。だから苦しくまります。でも生きていますよ これからも。
    私は野口さんのブログで救われました。だから生きて下さいね。いてくださいねお願いします。

    • しろい雲さん、コメントありがとうございます。

      また記事で書きますが、朝にコメントを見てすごく救われました。そしてちょっと泣きました。

      本当にありがとうございます。

      ブログは一方通行だと思っていましたが、こんなにも温かいコメントをいただけて僕は幸せものです。

      必ず、記事を書きます。前に消してしまったものも書き直して出しますので待っていてください。

      命ある限り、命は自分で決められない。一生懸命生きます。

      本当にありがとうございます。本当に。

      ブログを通して少しでも勇気をあげられるものをかけたらなぁと思います。自分を信じて書き続けますので、これからもよろしくお願いします!

  • こちこそお返事ありがとうございます。
    こんな下手なコメントにお返事が貰えると思っていなかったので、ビックリして、 嬉しいのと恥ずかしさでいっぱいになりました。

    でも安心しました。
    勇気を出してコメントして良かったです。
    私も少しずつですが頑張ってみます。

    野口さんのブログが沢山の人の心に届くことを願っています。

  • お肌のことでコメントしている
    (´・_・`)です.

    こちらも読ませていただきました.
    徳島県ですか!
    良いですね✨
    私の大好きなグループの一人が
    徳島県出身でいつか行ってみたいな.とか思ったりしてました^_^
    紅葉温泉♨
    いつか家族で行ってみたいです.

    それと野口さんのこのブログを読んで勇気を貰えました!
    まだ中3で色々悩むことがあり
    ほんとに毎日が辛いくらいです.
    けど肌も洗顔の泡でちゃんとして,清潔にしていれば!
    必ず綺麗になると.

    もちろん沢山落ち込む
    こともあります.
    どうしても前向きに考えられないこともあります.
    ですが
    私は諦めないで努力していきたいと思ってます.

    野口さんのブログは読みやすくて
    とても勇気を貰います✨
    ありがとうございます.

    ((突然のコメント失礼しました.))

    • (´・_・`)さん、他の記事も読んでくれたのですね!ありがとうございます!!

      …と、まぁ、このお遍路の記事に関してはずっと書いていたのですが、ちょっと事情があって非公開にしてしまいました。いずれ書き直して公開したいとは思うのですが。

      ただちょっと今は文章を書くのが怖くなってしまって。

      なので、勇気をもらえたと言ってもらえて、こちらこそ勇気がもらえました。本当にありがとうございます!

      地獄のような8年間で、どうやって自分の人生を終えようかとだけ考えてました。なんとか自分の命を使って誰かの役に立てないものだろうかと。死にたいのではなく、生きているのに自分が誰の役にも立てていないのが耐えられなかったのです。

      正直な所、うんこ製造機です。寝て起きてごはんを食べてトイレに行く。それしか出来ない。なんだ自分はと。

      でも今回、旅に出てみて、やたらと僕は人から求められました。僕の経験などが誰かの役に立てるのです。僕の知識などが人の役に立つのです。

      …まぁ、最終的にはやっぱり人と関わるの怖いってなってしまったんですけどね。

      僕は自分に自信がありません。自信しかなかった男がポキっと折れてしまって8年。自分は人間の失敗作なんだという幻聴とずっと闘ってます。

      でもこの8年間、歩みを停めた事はありません。とにかくひたすらもがき続けてます。過去ばかり見てますが、後ろを振り向きながらも後ろ向きで前に進んでいるのは確かです。

      ちょっとでも良くなれ!ちょっとでも良くなれ!ともがいてます。

      そしたらなんか2017年は良い年になりました。ずっと辛かったですが、なんとなく光が見えてきた気がします。またこの光も消えてしまうかもしれないですが、消えてしまったらまた新しい光を求めて歩き回ります。

      …と、なんか語り始めちゃいましたが、コメントもらえるとすごく嬉しいです。あー、自分も誰かの何かに役立てているのかもしれないなー。って気持ちになれます。なのでこちらこそありがとうございますって感じです。

      前をむいてなくたって、後ろ向きだって、歩くのをとめなければ、進むのをとめなければ、どこかにたどり着く。僕はその気持ちで毎日過ごしています。

      (ここに書いた事が誰かを傷つけやしないだろうか…という気持ちで一杯ですが、もしそうなったらごめんなさい)

      誰かの力になれますよーに。

  • そうだったんですね…
    私も全然自分に自身がありません💧
    でもこの野口さんの記事.
    ブログを読んで.

    まだ自分にもやれることがある.
    落ち込んでるだけじゃだめだ.
    だから頑張ろう.

    と思えました.
    ありがとうございます.
    私が書いてる日記に野口さん
    に教えてもらった事を書かせていただきました!!

    1個1個丁寧に頑張っていきます.

  • ここにコメント失礼します.

    肌の記事あるじゃないですか.
    そこにコメントできなくなっちゃってて.どうしようと思いここにコメントさせて頂きました.
    コメントのしすぎですかね…

    ((ここでスイマセン…
    昨日からずっと気になってたことがあってどうしても聞きたいことがあります.
    あの…洗顔をして泡を洗い流すとき,手が肌に当たってしまうんですが.大丈夫ですか? 水をすくって当てる感じで洗い流してるんですけどどうしても手があってしまうんですよね.
    なので。桶を買って水をためて顔を突っ込んでみたんですが.何か、洗い流せてない感がするんです。
    桶を買った理由は,肌に手が当たってしまうから.と、親に水代ヤバイからと言われたからです。

    あと私…きょう鏡みて思ったのですが.
    変わってない😱😱😱😭.
    そうですよね.
    毎日の積み重ねが大事.
    ですが、ほんとにこんな汚いお肌がみんなみたいに綺麗になれるの!?かと.
    異常なほどきょうはずっとこの事を考えてました。
    どうしよう。JKもできない.と。
    こんな汚い肌で高校合格しても通うことなんて無理だ!と.
    受験の日ももしかしたら
    マスク外してと言われるかもしれないです.あと一ヶ月もない…
    勉強と肌…
    やばいです.
    精神的にも.

    あと
    私.イライラとかしたりすると
    どこかしら痒くなるんですよ.
    顔とか頭とか.
    今顔が痒いです。とても。
    なのでストレッチして
    曲聞いてはよねます.

    返信してくれると助かります。

    • (´・_・`)さん、おはようございます!

      コメントありがとうございます。

      肌の記事に関してですが、だいぶ前に書いた記事なのにありがたい事に今でも読まれています。そしてコメントを沢山頂ける記事にはなったのですが、最近コメントで前に答えた質問に答える事が多くなりました。

      なので、Q & Aのような部分を付け足したり、泡の作り方などを動画で撮ろうかなと思いまして一時的にコメントの受付を停止させていただきました。

      なので、少々お待ち下さいませ。出来ればコメントは統一した記事に付けてもらいたいので…。

      泡を洗い流す事に関してですが、僕は桶に水をためて、顔を突っ込んで鼻息でボコボコしながら顔の横の泡を手でバシャバシャと水をかけて落としていますよ。

      水代は桶一杯か二杯分なので大丈夫なのではないでしょうか。

      鏡を見て変わっていないというのは毎日鏡を見ているから。親戚の子が久しぶりに会ったら急にデカくなっていたとかそういうのと一緒で、毎日見ているとその変化に気が付かないけれど、期間を開けて見てみるとその変化がわかると思います。

      …まぁ、まだ全然時間経ってませんけどね。ターンオーバーも早くて28日。焦らずに。なのでまずはカメラで今日の顔を撮っておいて3ヶ月後ぐらいにもう一度写真を撮って比較してみたらいかがでしょうか。

      正直な所、色々と頭の中が忙しくてすべてにおいて悩みが倍増しているのではないでしょうか。前にも言いましたが優先順位を決めて一個ずつクリアしていく。

      まずは受験。受かってから通う事は考えたらいいんです。一個ずつ一個ずつ。

      受かって学校通うようになって、肌の悩みで学校に行きたくなくなったら、学校を辞めたらいいわけだし、学校行きたいなら行けばいいのだし。

      まずはその場に到達していない事で悩むのは杞憂です。明日地震が起きたらどうしよう。明日世の中が終わったらどうしよう。明日自分が死んだらどうしよう。

      そのために今日を無駄に過ごす。そんなの勿体ないじゃないですか。

      明日なんて何が起こるのかわからないんです。なので、未来の悩みなんて考えず、今日死んだとしても後悔のない今日を過ごす。その繰り返しで良い未来が出来上がっていくんだと思います。

      まぁ、僕も人のこと言えないですけどね。

      受験で追い込まれている時はまずは受験を終わらせる事だけ考える。受験で泣かない事だけ考える。それが結果的にストレスを除去することになり、肌にもいいのではないでしょうか。

      ストレスでホルモンバランス崩れますので。イライラはするなというのは難しいと思うので、イライラをした時にそのイライラを増幅しないようにしましょう。

      人間は感情で動いた後、必ず理性が後悔させます。理性と感性。中学生の時は明らかに感性の方が5倍ぐらい強いと思うんですが、そこを何とかコントロール出来るように練習する。

      イライラした時にドカーンと怒ったり、その感情に流されると、余計イライラはデカくなります。イラっと感じたら、まずはその感情をそらすように練習する。

      爆音で音楽聞いたり、散歩したり、紙をちぎったり、鉛筆を削ってみたり。人間は頭に2つの事を考える事が出来ません。

      試しに富士山の事を思い描きながら、昨日の朝ごはん、昼ごはん、夜ご飯と何を食べたか考えてみてください。富士山を消さずに。きっと出来ないと思います。

      頭にはひとつのイメージしか浮かべられない。という事はイライラした時は別のイメージを刷り込めば、イライラは入る余地がなくなります。

      これも練習しなければならないんですけどね。イライラとかネガティブな力はすごくパワフルで中々頭から離れていきませんから。それを何回も訓練する。そうすると、あ、今イライラが顔を出したなと感じた瞬間に別の事を考えストレス回避することが出来るようになりますよ。

      ストレスで体が痒くなるのはよく聞きます。その時は掻いたりせずにお風呂入るなり、冷やすなりして肌を傷つけないように刺激して過ごしましょう。

      ではでは、コメントありがとうございました。もう少々、肌の方の記事は待ってくださいませ。僕は何事もスローペースなので、おまたせしちゃうと思いますが…。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    四国遍路中。好きな映画は『オーロラの彼方へ』。好きな小説は『十八の夏』。好きなCDは『Return to Forever』。好きな漫画は『惑星のさみだれ』。趣味はロードバイクで日本をぐるぐる。そんなノッポでうずまきな30代。埼玉出身。ブログは今年で9年目!!記事少ないけど。…でも、それぞれ魂込めて書いてきたはず。だから、今日も読んでくれてありがとう!