ビジネス・収入

ネットで稼ぐ方法9:ブログで儲ける為におすすめの文章の書き方とは

ネットで稼ぐ方法講座第09回目。ブログで広告収入を得るために文章の書き方をマスターしよう

引きこもりでもネットで20万ほど稼いで生活していく為に、自分のブログを持ち、デザインを決め、読まれる記事を書くためにSEOを学んだりしていきました。

ここまでくればある程度、稼ぎ始める為の準備は一通り終わったと言えるのですが、もしかしたら中にはこんな人がいるかもしれません。

「記事を書けって言うけど、今まで文章を書いてこなかったから、どういう風に書けばいいか全くわからない…」

今日はそんなあなたに、ブログで儲けるためにおすすめの文章の書き方「おりこうさんの法則」というものをお話していこうと思います。

これを知るだけで、あなたがパソコンやスマホの画面の前で頭を抱える回数は圧倒的に減ることでしょう。ブログの文章の書き方にはある程度テンプレみたいなものがあるのです。

要は知っているか知らないか。それだけで文章を書ける人と書けない人の差が生まれてきます。

あなたにはぜひ書ける人になってもらいたい。その為に僕が学んだ文章術などをすべてあなたにお渡ししていく事にしましょう

スポンサードリンク

ネットで稼ぐ文章講座1:ブログ記事で書くことは3つ

ネットで稼ぐ_ブログ_文章_書き方_ネタ

ブログを書く時に何よりも大切なのは、記事の数を増やすことではなく、読まれる記事を書くことだというのは前回のSEO対策の講座を読んでいただけていたら、なんとなくわかってもらえたと思います。

SEO対策-ブログ-キーワード
ネットで稼ぐ方法8:SEO対策はブログのキーワードの順位を分析!ネットで稼ぐ方法講座第08回目。ブログで広告収入を得る人は記事を書く前にキーワードの順位を分析してSEO対策をしよう。 SEO対策...

つまり、検索する人がいなければ、いくら書いた所で読まれないのです。

そんな事言ったって、どんなもの書いたらいいんだ!

と、躓いている人も中にはいるかもしれませんね。では、まず検索する人の多い記事とはどういうものなのかを学んでいきましょう。

人々は一体何を求めて検索するのか。それは以下の3つになります。

ブログで読まれる3つの記事
  • ニュース
  • エンターテイメント
  • インフォメーション

実はこの3つの中で、あなたがもし安定してブログで稼ぎたいと思うのであれば、選ぶものは1つしかありません。

この3つでどれを書こうかなどと悩む必要などないのです。一体どれだかわかりますか?

ネットで稼ぐ文章講座2:忘れられる記事

ネットで稼ぐ_ブログ_文章_書き方_ニュース記事

ブログで稼ぎたいと思った人が真っ先に飛びつきそうなだけれども、除外せねばならない記事がひとつあります。それはニュース記事です。

僕らがブログでやることは時間を提供する事だというのは過去にお話したと思うんですが、せっかく時間をかけて書いた記事が、世間の流れによって読まれなくなるのは悲しいです。

もちろん、今ニュースで話題になっているものを取り上げれば、すぐに飛びついてくれる人の数は多いでしょう。しかし、世間の人はニュースの事などすぐ忘れます

例えば、あれだけ世間を騒然とさせた「てるくはのる」という言葉。誰が今覚えているでしょうか。

あの当時「てるくはのる」の意味を想像して解説するだけで、世間は食いつきました。

しかし、今ではそんな事件があった事さえ忘れてしまっている人が多いでしょう。悲しい事ですけどね。

なので、ニュースや芸能ネタのような「旬」があるものは極力避けるほうが良いでしょう。

もちろん、書いてはいけないというわけではないですけどね。それを選んだ場合は常に記事を更新し続けなければならないサイトになるはずです。

あなたが目指すのは3年後も10年後も検索されるブログ。1回の努力が何度も評価され、そこから継続的に収入を得ることが出来るブログです。

特別なバイタリティの持ち主でなければ出来る限りニュースの記事を扱うのは避けた方が良いでしょう。

スポンサードリンク

ネットで稼ぐ文章講座3:飽きちゃう記事

ネットで稼ぐ_ブログ_文章_書き方_面白い記事

さて、ニュース記事が除外されたとなると、残るはエンターテイメントかインフォメーションになりますが、僕の経験上どちらを選ぶ人が多いかと言えば、エンターテイメントです。

ブログで日記を綴る人などは、そちらに含まれます。そうなると結構多くなるでしょう?

人々は面白い記事などを何のために読むかと言われれば、暇つぶしの為

その暇を埋める時間を僕らが提供する感じにはなるのですが、ぶっちゃけ面白いか面白くないかは人それぞれ感性が違うので、難しい所。

もしあなたが、自分に絶対的な自信があって面白い記事を生み出せる力があると信じているのであれば、止めはしません。

ですが、それをある一定のペースで生み出すとなると、相当辛い日々になると思います。

1つだけ言っておくと、文章を書くよりも文章を読む方が圧倒的にスピードが速いです。あなたが記事を1つ生み出すのに10時間掛かるとして、読むのは10分程度のものです。

しかし、人々は次々と面白いものを欲しがります。ニュースと同じで、面白いものというものは飽きちゃうのです。

消えていったお笑い芸人を思い出していただければ、それはすぐにわかることでしょう。

もちろん、昔の芸を知らない人に見せれば、新しい!となる事もあるので、検索されなくなるということはないでしょうし、新しい読者も次々と生まれるネタではあるんですがね。

ということでエンターテイメントに関しても、もしあなたが特別なバイタリティの持ち主でなければ出来る限りそれ1本で行くのは避けましょう。たまーに気分転換に書くぐらいでいいのです。

ネットで稼ぐ文章講座4:ブログのおすすめの書き方

ネットで稼ぐ_ブログ_文章_書き方_法則

まぁ、ここまで読んでもらえれば、あなたがブログで書くべきものはインフォメーションとなるわけですが、それはつまり「情報」のことです。

日本語に訳しただけですけどね。これが非常に重要でして、ブログを書いて稼ぐという話をした時に、ほとんどの人が何の情報も含まれていない記事を書きがちです。

あなたがもし芸能人であれば、日記もある種の情報になるのかもしれませんが、通常、一般人の書く日記には興味の持てる情報は少ないものです。

なので、日記を書いている人は稼ぐことが難しい。

しかし、「情報を書けば良いのか」と認識することでこれからあなたが書いていく文章は書き方が決まっていきます。

つまり、情報を相手に伝える書き方を学べば良いのです。…でも、情報を伝える方法なんて学校では学ばなかったですよね。

学校で教えてくれるのは情報を受け取る方法であって、情報を伝える方法を学んできたのは教師の方です。なので情報を書けばいいと言ってもほとんどの人が書き方に困ります。

僕自身も、ブログを書き始めた時はポンコツな文章しか書くことが出来なくて、非常に困りました。そこで僕は文章の書き方を色々な本を読んだり海外のマーケッターのブログを読んだりして学んでいきました。

しかし、実は彼らは同じことを別の言い方で言っていたに過ぎないのです。

そう。情報を相手に伝える書き方はすでに1つの方法論が確立しています。それを学ぶだけで良かったのです。

あなたは沢山の文章の書き方について書かれた書物を読む必要などありません。なんと、うらやましい…。

と、長々と恨みつらみを語っても仕方がないので、早速ブログで稼ぐのに必要な文章の書き方を学んでいきましょう。

スポンサードリンク

ネットで稼ぐ方法9の本題:おりこうさんの法則

ネットで稼ぐ_ブログ_文章_書き方_法則-01

今後あなたには、ブログに広告を設置してもらったり、商品を販売してもらったりと、収益化に向けて新しいステップを踏んでもらう事になりますが、その時にこんな状況に出くわす事があるかもしれません。

SEO対策をしっかりしていて、アクセスも増えてきたけど広告はクリックされないし、物が売れない。なんでやねん!

と。アクセスが増えているのに、収益が上がらない。そんな状況です。

それはアクセスはしてきてくれるけれども、文章に魅力がないため、記事を読んでもらえずに帰らせてしまっているのです。

文章を読んでもらえないのはなぜか?

答えは簡単です。文章の役割がしっかりしていないから。

ここで問題です。タイトルは何の為にあるでしょうか?見出しは何の為にあるでしょうか?第一段落は何の為にあるでしょうか?

少し考えてみてください。

答えは全部一緒。

次の文章を読ませる為にある

タイトルは本文を読ませる為にあるし、見出しは本文を読ませる為にある。第一段落は第二段落まで読ませる為にあるし、第二段落は第三段落を読ませる為にあるのです。

つまり、最初から最後まで次の文章を読ませる為にあります

…そうは言ってもどうやって書けば次の文章を読んでもらえるかわからないというあなた。

今言った目的を達成するために、僕がとっておきの法則を教えてあげましょう。

おりこうさんの法則
  • ・・・大見得を切る
  • ・・・理解を示す
  • ・・・これなんかどうかな?と例を挙げる
  • ・・・うんうんと納得させる
  • ・・・さんせい反対はあなたにお任せ
  • ・・・End。行動を促す

このとおりに文章を書いていくとお客さんは最後まで読んでくれて、こっちが指定した出口でアクションを起こしてくれやすくなります

それではひとつずつ説明していくことにしますか。

ブログ文章術:読まれる記事の書き方「お」

ネットで稼ぐ_ブログ_文章_書き方_法則-02

導入部分。の「大見得を切る」を説明していきます。

たとえば、ダイエットの記事を書くことにしましょう。とにかく大切なのは導入部分です。これをどうするかであなたの記事が読まれるかどうかが決まります。

なぜなら、あなたのブログに訪れた人は記事を読もうとなどしていません。ブログのタイトルに惹かれて入ってきただけなのです。

なので、ここは「お」の大見得を切るを使いましょう。

自信や得意な気持ちをことさらに誇示するような、おおげさな態度で相手に言い寄るのです。出来れば少々「怪しいんじゃないか、こいつ」と思われるぐらいが良いでしょう。

「ダイエットって簡単だし、痩せられないやつはバカだと言ったら、あなたはキレてしまうかもしれません。しかし、今までどんな方法でも痩せられなかったあなたでも、簡単に10キロ痩せる方法がここにあるのです。これで痩せられなかったなら、もうあなたにはダイエットの必要などないのだと神様が決めたと諦めるしかないかもしれません。それだけ簡単な方法なのです…」

みたいな。

ただし。ここで重要なのは、なぜあなたがそれを相手に伝えようとしているのか、その理由を端的に示しておくことです。

「私はダイエット食品で苦しい思いをしました。ダイエット食品を憎んでいます。だからあなたには同じような思いをしてほしくありません」

みたいな感じで、サラッと。

人を引っ張れるリーダーというのは、WHYから語るというのがあります。

このAmazonの内容紹介を読んでみてください。

理念を掲げて社会を巻き込む力をもつリーダーには共通点がある。
それは思考を「WHAT」からではなく、「WHY」から始めるという点だ。

世の中には「形式上のリーダー」と「本物のリーダー」がいる。
「形式上のリーダー」は、権力のある座につき、影響力をもつ。
しかし「本物のリーダー」は、私たちを感激させ、奮起させる。

「本物のリーダー」は、私たちに「WHY(理念と大義)」を語る。
それこそが組織の内外の人たちのやる気を起こさせる。
だが「形式上のリーダー」は「WHAT(結果)」だけを語ってしまう。

とありますよね。

これを文章の導入部分で活用するのです。これから私はあなたにこれこれの情報を語りますが、それにはこんな理由がありますよー!と示しておくのです。

あなたのブログを読む人は、今まで沢山の情報を検索してきているかもしれません。

今回もどうせ同じような情報でしょ?って思いながらあなたのページに入ってくるのです。なので情報だけで大見得を切っても読んでくれないかもしれません。

そこで理念を端的に語るのです。

ブログを読んでくれる人が結果を出してもらわねばならない理由が私にはあるのだと示すことで、次の文章を読んでみたくなる気持ちにさせるわけです。

ブログ文章術:読まれる記事の書き方「り」

ネットで稼ぐ_ブログ_文章_書き方_法則-03

次に、「り」です。「理解を示す」を説明していきます。

相手の気持ちに共感を示すのです。

「痩せるのは本当に大変ですよね…。私も実は何度も何度もダイエットに挑戦しては挫折し苦しみました。新しい方法を探しては…」

みたいな感じで、相手が今現在どういう心境でいるのかを書いていきます。

この時に大切なのは、出来る限り相手と自分を対面させない事。あくまでも自分は読者と肩を組みながら同じ方向を向いているのだというスタンスで書いてください。

もちろん圧倒的な力で相手を引っ張っていっても良いんですが、それが出来るようになる為にはある程度の信頼感が必要になります。まだ自分のブログに読者が着いていない場合は、横並びのスタンスの方が書きやすいです。

ほら。私はあなたと一緒だよ。あなたが悩んでいることは私も悩んでいるんだよ。だから一緒に先へ進もうよ的な感じを思い浮かべながら書き進めていくと良いでしょう。

ブログ文章術:読まれる記事の書き方「こ」

ネットで稼ぐ_ブログ_文章_書き方_法則-04

次に、「こ」です。「これなんてどうかな?と例を挙げる」を説明します。

「ダイエット食品を食べ続けてみました」

「ジムに通ってみました」

「家で簡単に運動が出来るように、器具を購入してみました」

「食べるのを我慢するのではなく、食べたものを記録するようにしてみました」

みたいな。

相手に理解を示した後は、いよいよ記事で一番伝えたい情報について語っていきます。

この例を上げる時に、今までの方法などをサラっと羅列しておくと良いかも知れませんね。自分はあなたが知っている方法は大体試したよっていうのを暗に示す為に。

そして最終的にこんな方法にたどり着いたのですと、自分が言いたい方法や情報を最後に持っていきます。

ブログ文章術:読まれる記事の書き方「う」

ネットで稼ぐ_ブログ_文章_書き方_法則-05

次に、「う」です。「うんうんと納得させる」ですね。

「食べるたびに自分が食べたものを書くことによって、自分がどれだけ食べたか把握することが出来るようになりました。するとだんだん食べるたびに書くのではなく、書く為に食べるようになってきたのです」

「食べたものを後で振り返った時に自分で自分をがっかりさせない為に、ひとつの品目を減らしたりするようになりました。するとどうでしょう。自分自身で自分が食べるものをコントロールすることが出来るようになり、間食することも減りました」

「見て下さい!この体重計のデータを!」

みたいな感じで相手をひたすら納得させる事に力を注いでください。相手の信頼を勝ち取るのです。

この時に出来れば実証できるデータなどを画像で見せられるといいですね。ですがどんな記事にもそんなデータを自分で用意するのは大変でしょう。

そんな時は、本の引用などを使って、こんなお偉いさんが私と同じことを言っているんですよ。みたいな感じで書いても大丈夫です。

とにかく相手に自分の言っていることはそのとおりだと思わせるのです。自分の正しさをゴリ押ししましょう。

ブログ文章術:読まれる記事の書き方「さ」

ネットで稼ぐ_ブログ_文章_書き方_法則-06

次は「さ」です。「さんせい反対はあなたにお任せ」ですね。

「このライティングダイエット、私の場合は10キロ痩せて、上手くいきましたが、あなたに絶対にオススメ!なんてことは言いません。あなたは自分の好きな方法で痩せればいいのです」

「まぁ、世の中には沢山方法はありますからね。私はあなたが痩せられて、ダイエットに対する悩みが消えればなんでもいいのです」

「ただ、こんな私にだって出来た方法です。私より環境の良いあなたに出来ないはずがないのは確かです」

…みたいな。

先程あれだけゴリ押ししていたあなたが、急に相手にその判断を委ねます。押してばかりだと相手は嫌になってきますからね。

急にそっぽを向くぐらいな気持ちで書いてください。

この時に頭の中では、「まぁ、賢い人ならこっちを選ぶのは当然だと思うけど…」ということを考えながら書くとバランスがいいです。そっぽを向きつつね。

相手に判断を委ねることで、一層自信があるんだなコイツは!と読者に思わせる事が出来ます

絶対良いものなので!言うよりも、良い悪いはあなたが実際にその目で判断してくださいの方が自信あるように見えるんですよ。

ブログ文章術:読まれる記事の書き方「ん」

ネットで稼ぐ_ブログ_文章_書き方_法則-07

最後は「ん」です。「End。行動を促す」でまとめます。あなたがとってほしい出口を設定するのです。

文章を読み終えた読者は必ず何かしらの行動を取りたく心理状態になっています。

なので、ここに広告を設置するのも良し。あなたが紹介したい本のリンクを貼るのも良し。あなたが読んで欲しい他の記事を紹介するのも良し。

1個の記事に1個の出口を設定したほうが成約率はあがります

まぁ、複数貼っても良いですけどね。

そこらへんはあなたが実際にテストをしてみて、一番良いものを選択すると良いでしょう。

以上が「おりこうさんの法則」テンプレです。これを意識して書いていくだけで最後は商品や広告をクリックしてくれているという…。不思議な形式

これで文章を読んでもらえないっていうことはなくなるでしょう。

実際に使っているブログ記事の下書きメモ


■この記事を書く前にこれを先に埋めろ
キーワード:3つの複合を考えろ。【○、○、○】
読者を決めろ:誰?【】
その読者は最終的にどうなるのか?【】
タイトルを決めろ【32文字程】

why→how→whatの順で書け。

①問題提起:読者が抱えている悩みや問題を明確にする。

②結果の提示:あなたの記事を読むとどうなるのか?

③結果の根拠:②で示した結果が出る根拠を書く。

④読者に行動を促す。

ーーーここから記事ーーー

strongタグ『キーワード』/strongタグ、導入部分。300文字ぐらい。先を読みたいと思わせる感じで終える…。

[お]りこうさん:大見得を切る

これから話す内容を大げさに盛った文章。

なぜこれを書くのか理由も忘れない

moreタグ

h2タグ『キーワード』興味をそそる内容を書く。/h2タグ

画像

お[り]こうさん:理解を示す

相手を理解する内容の文章。


h2タグ『キーワード』興味をそそる内容を書く。パート2/h2タグ

画像

おり[こ]うさん:これなんかどうかな?と例を挙げる


h2タグ『キーワード』興味をそそる内容を書く。パート3/h2タグ

画像

おりこ[う]さん:うんうんと納得させる

証拠となる文章とかあるなら引用する。

blockquoteタグ

引用:emタグ「キーワード書物」/emタグ著者名(出版社名)

/blockquoteタグ


h2タグ『キーワード』興味をそそる内容を書く。パート4/h2タグ

画像

おりこう[さ]ん:さんせい反対はあなたにお任せ

ゴリ押しはしない。


h2タグキーワードのまとめ/h2タグ

画像

おりこうさ[ん]:End。ん。おしまい。行動を促す感じで終わる。


ではでは、emタグキーワード/em良かったら体験してくださいませ。

自分の名前

h2タグキーワードのおまけ:○○/h2タグ

ここからはおまけコーナーの吹き出し。

画像

amazonの本とか。

にゃんこ先生の吹き出しでひとこと。

タグって書いてあるのは、実際にここで書いてしまうと変換されちゃうので、書き換えて使ってくださいませ。

まぁ、あくまでも一つの例ですので自由に自分の書きやすい形にしてください。法則は書きなれるまでの練習みたいなものなので。

ネットで稼ぐ方法9のまとめ

ネットで稼ぐ_ブログ_文章_書き方_まとめ

えー、今回は文章術というか、文章の書き方、文章の役割について話をしました。これを意識して記事を増やしていけば、広告を貼った時に効率よく収入に結びついていくと思いますよ。

ということで、次回は実際に広告を設置していく話をしたいと思います。やっとブログの収益化の話になりましたね。

ここでひとつお願いがあるのですが、広告を設置する為には、ある程度ブログが充実している必要があります

申請を出す時に、出来たてのブログだと審査で落ちちゃうんですよね。

なので、次回の講義までに15個ぐらいの記事を書いておいてください。

15個も!?そんなに書かないといけないの!?

と思われるかもしれませんが、審査を通るためにはおよそ2週間分の記事が必要です。

そこまでいけば、あなたのブログがついに収益を叩き出すようになるのです。ここまで9回分の講義を書いてきましたが、それを読んでいただければ、その地点まではたどり着けるはず。

なので、面倒臭がらずにまずは2週間だけ本気出してみてください

15個はちょっとキツイ。というあなたは10個でも構いません。とにかく書いてみること。

書いてみている内に、僕の言っている意味がわかってくるはずです。

多分、書くことって楽しいですよ。それは書いてみなければわかりません。だから書こう!

ではでは、ネットで稼ぐ方法9:ブログで儲ける為におすすめの文章の書き方でした。

今日もここまで読んでくれて本当にありがとう!!

野口明人

…今回の話をすると、きっと僕の文章の書き方がバレちゃうんで、ちょっと恥ずかしくてこの記事を書くのをためらいました。でもあなたが記事書けるようになる為に必要だと思ったので書きましたよっと。

おまけ:文章の法則

ネットで稼ぐ_ブログ_文章_書き方_おまけ
野口明人
野口明人
本編は終わりましたが、ここからはおまけコーナーです!

えー、今回は「おりこうさんの法則」について語りましたが、世の中には沢山の文章の法則があります。

有名な所で言うとAIDMA(アイドマ)の法則でしょうかね。サミュエル・ローランド・ホールというアメリカの人が1920年代に提唱したものです。

Attention(注意)
Interest(関心)
Desire(欲求)
Memory(記憶)
Action(行動)

で、これが広告宣伝に対する消費者の心理プロセスだーって言われて、2000年ぐらいには日本で非常によく使われていた言葉なんですよ。

んで、広告宣伝と言えば、電通がこのAIDMAの法則に対抗して、AISAS(エーサス)というのを提唱してね。

Attention
Interest
Search
Action
Share

みたいな、いやーほぼ一緒やんというのを言い出してね。そこからこういう派生系のものがあふれかえるようになってきた。

PASONAの法則とかAIDCAの法則とかQUESTフォーミュラとかウルトラセブンの法則とかCREMAの法則とか…。

個人的にはマイケル・フォーティンというちょっとハゲたおっちゃんが好きだったんでQUESTが好きでしたが、その他のどれも読んでみるとなるほどなーって思うんですけど、結局の所、そこまで大きな変化はないんですよ。

…いやあるのかもしれませんが、僕には同じように見えたんですよ。

んで、結局こういうのって英語で言えば何でもかっこよく思えちゃうんですけど、実際に書いている時に僕はAが何だったっけ?Pが何だったっけ?あれEって何?ってわからなくなっちゃう。

じゃあ、自分で思い出しやすいように別の言葉で置き換えちゃえと思って作ったのが「おりこうさんの法則」というわけです。

ま、気に入らなかったら別の法則を使っても問題ないと思いますので、一番使いやすい物を使いましょう。

どうにも僕はこういう頭文字系の英語が苦手なのです。

それではまたどこかでお会いしましょう(´・ω・`)ノシ

にゃんこ先生
にゃんこ先生
文章とは人間が考え出したタイムマシン。…そう大学の講義で発言してみたらシーンってなった思い出があるにゃ!
ABOUT ME
野口 明人
好きな映画は『オーロラの彼方へ』。好きな小説は『十八の夏』。好きなCDは『Return to Forever』。好きな漫画は『惑星のさみだれ』。ブログは今年で12年目!!長いのに、今日も読んでくれてありがとう!
人気シリーズ
  • 四国歩き遍路旅日記

    四国歩き遍路旅日記

    野口はある日バスに乗った。

    四国へ歩き遍路に行って、お泊り接待を受けてから不思議な出会いが引き起こす数々のエピソードを綴った旅日記。

  • ネットで稼ぐ方法講座

    ネットで稼ぐ方法講座

    野口はある日叫んだ。

    引きこもりが肩身の狭い思いをしている事に憤慨した野口が、これを読めば引きこもりでも月20万を稼げるようになるんだ!と決意を持って始めた講座。

  • 統合失調症の独語

    統合失調症の独語

    野口はある日壁に書いた。

    統合失調症と診断され、病院から診察拒否された野口が、薬や病院なしで統合失調症から立ち直るために考えた独言集。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です