ビジネス・収入

ネットで稼ぐ方法1:仕組みを知らず内職や副業を探しているあなたへ

ネットで稼ぐ方法というとあなたはどういうものが頭に浮かんできますか?

ネットショップ、アフィリエイト、アプリ制作、アンケート、ポイントサイト。はたまたFX、株式投資、バイナリーオプション。

最近ではYouTuberだったり転売屋ーだの色々とあるけど、どれが稼げるんだ?っていう質問をとある方にされました。

その人は会社の社長なのですが、ネットで稼ぐ事に関しては全くの初心者。頭にあるのはとにかく早く稼ぎたいという事。方法は何でも良いと言うのです。

しかし何でも良いと言っておきながらネットは危険なんだろ?とか嘘ばっかりなんだろ?みたいな考えが頭を離れないようで、ネットで稼ぐことの仕組み、安心、安全さを伝えるのに一苦労しました。

ネットで稼ぐ方法を検索する人の中には、転職したいと考えていたり、結婚して家庭に入ったから家でちょこっと稼ぎたい、人と沢山繋がりたいなどなど理由は様々だと思います。

ですが、ネットで稼ぐという事に漠然とした知識はあるものの実際なにをしたらいいのかわからないという事は共通しているのではないでしょうか?

なので、ネットで稼ぐ方法を知りたいと言って来る友人や知人達に僕がいつも話す、ネット稼げるようになってもらうまでの仕組みの話を今日から何回かにわけて話そうと思います。

…というのも、詳しく話をしても結局のところ、ほとんど覚えてなくて後日同じ話をしないといけない場合がほとんどなので、ここに書き記して置いて何度でも繰り返し読めるようにしとこって思ったのです。

僕としては、僕の知識や経験が誰かの役に立つのは嬉しいし、わからない事は何回質問してもいいよーとは思うのだけれど、話をしたことさえ覚えてくれていないのは悲しいからね。

目標は毎月20万円が手に入るシステムを手に入れる事。

そこから先はいくらでも稼ぎたいだけ稼げばいいし、稼がない事を選ぶのも自由。結局の所ネットで稼ぐ方法なんてほとんどの場合が一つの方法論に集約します

ではでは、ネットで稼ぐ方法、その仕組みの話、第01回目の講義です。

スポンサードリンク

ネットで稼ぐ方法はどれがいいのか?

ネットで稼ぐ方法-どれがいい

ネットで稼ぐ方法というのは無数に存在します。この記事の最初の方に挙げたものなんてほんの一部と言ってもいいでしょう。

ただ、今回の条件はなるべく多くの人がこのブログを読んだだけで理解出来て、やった事が無駄にならず稼ぐまでに辿りつける方法です。

そんなものあるもんか!?と思うでしょう?

ネットならあるかもしれん…とも思う人もいるかも知れません。

なのでまずはひとつひとつ取り上げて一緒に考えていきましょう。

アプリ制作

ネットで稼ぐ-アプリ制作

何でもかんでもスマートフォンでこなす時代ですから、アプリ制作は間口が広いですよね。

ですが、スマホのシェア率を見て考えるとMacを持っている事が条件になるし、Androidアプリに絞ってWindowsで作るにしてもプログラミング言語についてある程度学んでいかないといけないので「なるべく多くの人が」という条件からは外れそうですね。

まぁ、アプリ制作の本読んで作り始めるって所までは誰でも出来るんですけどね。完成させるってのが難しいでしょう。という事でパス。

FXや株式投資

ネットで稼ぐ-Fx株式投資

ネットで稼ぐ方法として、ある程度収入が安定している方にはFXや株式投資、バイナリーオプションなども候補に上がるかも知れませんね。

努力の末巨額のお金を捨てることになるかもしれませんが、逆に努力など皆無で大金が手に入るかもしれません。

ですが…。

僕は一日中ユンケルをチューチューしながらパソコンに貼り付いて、努力の末にFXで150万円ぐらい溶かしました。

徹夜明けに朝ごはんを食べている間にトルコリラが暴落した時は顔面真っ青になりました。次は安定しているニュージランドドルだー!と飛びついた矢先、またも暴落。

失敗は成功の元。失敗から学んでいこうと思いましたが、どうしても一瞬の欲望、一瞬の不安に負けてしまいます

という事で、ギャンブル要素が強いものはなるべく多くの人に向いているか?と思うと自信がないので今回はパス。僕は続けますけどね。ぐぬぬ。

ネットショップ運営・転売屋

ネットで稼ぐ-ネットショップ

ネットショップ運営と言えば、誰もが思いつくネットビジネスの代表格かもしれませんね。

実際、僕の所に相談に来る人のほとんどが、今度ネットショップをやろうと思うんだけど、どうしたらいい?っていう相談です。

それについて僕はゼロから説明するんですけど、何人かは現在もネットショップを運営していますし、何人かは運営を辞めてしまいました。運営までたどり着かなかった人もいるにはいるのです。

…となるとこれは敷居が高いのか?個人の能力に依存するのか?

商品がすでにある人はネットショップ運営を、商品を全く何も思いつかないし、持っていないという人は転売屋をやることになるのだけれど、そこには在庫抱えて苦しむっていうギャンブル要素もある気はします。

まぁ、在庫を抱えない方法もあるんだけどさ。

いくつもの事情が絡んでくると思うので、ネットショップや転売屋もちょっとパス。

アンケート・ポイントサイト

ネットで稼ぐ-ポイントサイト

アンケートとかポイントサイトについては、最近テレビCMもやり始めて徐々に知名度が上がってきていると思います。

ですが、ぶっちゃけ一番儲かるのはそのサイトやサービスを運営している人でして、それを利用する人はネットで稼ぐというより、ネットでちょっぴり得すると言った方が近い気がします。

なので目標である月20万円を全員が全員越えていくにはちょっと難しい気がするのでパス。

もちろん、方法的に工夫すればポイントサイトでも月20万越え出来るかもしれませんが、努力に見合ってなさそうなので辞めておきます。

YouTuber

ネットで稼ぐ-YouTuber

YouTuber。それは好きなことで、生きていく人たち。素敵ですね。最近の子どもたちが将来なりたいものの1位はYouTuberなんだそうですよ。

YouTube面白いっすよね。ついついずっと見ちゃいますよね。個人的にゲーム実況系の動画が大好きです。

実は僕も昔は別名義で動画に出ていたのです。アフロ姿で。

…でもさ、誰もがこんな風に顔出し出来るわけじゃないし、誰もがこんな風に声出し出来るわけじゃないからなぁ。

「なるべく多くの人が」という条件クリア出来るかな。

うーむ。

ということでYouTuberもパス。

あれ?なんかもう候補少なくない?ネットで稼ぐ方法でおすすめってないの?

ネットで稼ぐ方法のおすすめは?

ネットで稼ぐ方法-おすすめ

…とネットで稼ぐ様々な方法を除外していっていますが、一体僕は何を言いたいのか。

それは、どれも稼げるし、どれも稼げません!という事です。

理由は簡単でやり方を理解してちゃんと最後まで実行すれば稼げるけど、やり方を理解せずなんとなく実行すると稼げないからです。

何を当たり前の話をしているんだ!と怒るかもしれませんが、すごく大切な事です。

要は、圧倒的に知識不足なのです。初心者だから仕方ない。それはそうでしょう。しかし、これがさらなる副作用をもたらします。

多くの稼げない人の問題の根源は、「面倒くさい」という気持ちが引き起こす中途半端な作業の仕業なのです。

最初は「稼げる」という言葉に駆り立てられやる気マックスで取り掛かりますが、作業の途中で必ず「わからない」部分が出てきて、「なんとなくメンドクサイ」気分になって「何だよこれ、稼げねーじゃん」にたどり着きます。

多くの人がそうなのです。それはつまり、あなたにも無関係ではありません。今はそんな事ないだろと思っていても、その時期に到達すると必ず頭の中でこの思考が湧き上がります。

それでも、あなたは稼げるようになりたいんですよね。

ではこれから出来る限り「わからない」という状況を生み出さない為に、ネットで稼ぐ方法の最もシンプルな方法をお教えします。

とにかく今日はこれだけを頭に叩き込んで下さい。

スポンサードリンク

ネットで稼ぐ方法、その仕組みのシンプルな形

ネットで稼ぐ方法の仕組み
  • 集めて
  • 育てて
  • 提供する

です。簡単ですね。頭に叩き込むには素晴らしいサイズの仕組みです。

唱えましょう。集めて、育てて、提供する。集めて、育てて、提供する。今日は寝る前にそれを100回唱えてから眠りましょう。

集めて、育てて、提供する。今まで挙げたネットで稼ぐ方法をすべてコレに当てはめて考えてみてください。すべてはそれでうまくいくはずです。

そんな馬鹿な…。

そう思うのも仕方ないことなのかもしれません。なぜならあなたはまだ100回唱えて眠っていないのですから。

とりあえず一緒にひとつひとつ見ていきましょう。

ネットで稼ぐ方法その1:アプリ制作の場合

ネットで稼ぐ仕組み-アプリ制作-コツ

アプリ制作と言いましたが、ぶっちゃけアプリじゃなくてもなんでも良いんですが、いわゆる物作り系のクリエイティブな仕事の場合。

まずは何を作るかという事になるじゃないですか。

自分が作りたいものを作って売る

素敵なことですね。ですが、その考えを持っていて良いのは「稼ぐ」事を二の次に出来る人だけです。

ネットで稼ぐ事を目標とした場合、どうしてもそこから収益を発生させなければなりません。

なのでまずは人々がどんなアプリ、どんな商品を必要としているか情報を集めます

ある程度情報が集まってきたら、それを形にしてアプリや商品を生み出します。

ただし、これは完成形ではありません。

その生み出したアプリや商品を実際に使ってみてもらって、不満点や改善点を集めて、より良いアプリや商品に育てていくのです。

バージョン1.2とかバージョン5.34みたいなのよく聞くじゃないですか。あれが育てていっている過程なのです。

たとえばずっと昔からあるような物でも育てる事はずっと行われています。前にこのブログの記事で取り上げたチキンラーメンでさえ、昔からずっと変わらないわけではなく、パッケージが変わったり、形状が変わったりしているわけです。

そうやって集めて育てたアプリや商品を相手が受け取りやすい形で提供する

どうやって相手に渡したらいいのか。どんな値段なのか。どんなパッケージなのか。

以上の事を考えてやると物作り系のクリエイティブな人のネットで稼ぐ仕事はうまく回っていきます。

ネットで稼ぐ方法その2:FXや株式投資の場合

ネットで稼ぐ仕組み-Fx株式投資-コツ

FXや株式投資の場合も見ていくことにしましょう。

こういう投資系の仕事の場合、まずは何がなければ始まらないのかと言えば資本です。

お金が無ければ、投資することが出来ません。なのでまずはお金を集めることから始めます。

出来れば1回限りではなくエンドレスで供給できるお金の方が良いでしょう。僕の場合はブログで得た収益をFXに回しています。

僕らが出来る事は集めて、育てて、提供するだけ。このルートを繰り返す事だけに集中しましょう。

他の事をしようとすると途端に面倒くさくなったり、わからなくなったり、余計なことをし始めたりします。人間はそのように出来ています。僕もそのような力に負けてしまうのです。

だから出来る限りシンプルに、集めて、育てて、提供する。それだけに頭を使うようにします。増やそうと考えるから行けないのです。集めて、育てて、提供する。それだけを考える。

集めたお金を、次は育てます。投資は安い時に買い、高い時に売るのが鉄則です。

安い時に買って、高い時に売るまで、ある程度時間が必要になります。その育てる時間を放棄して、別の投資先に手を出したりすると資本が足りなくなり、破産します

なのでとにかく育つまでは育つ事だけを考える。

そして頃合いをみて、提供する。これはつまり高い時に売るという事ですが、いつ売ればいいのか。買ったときより高い時に売ればいいのです。

今売らずに後で売った方がもっと儲かるんじゃないか?なんて考えて結局売らずじまいでずっと持っているという事も結構あります。

しかし、提供しないことには収益は生まれません。

僕らがやることは常に一緒。集めて、育てて、提供する。そのどれかを放棄してしまったり、順番を飛ばしてしまったりしては稼ぐ事は難しいのです。

ええ。僕は身を持って体験しましたよ。…自分の欲望や不安って失敗の種ですな。トホホ。

集めていないのに育てようとしたり、育てたのにまだまだ行けると思って提供しなかったり。提供する前にまた新しいものに育てようとしてしまったりね。

最初に集めたお金が少しでも増えたらそのサイクルはオッケーで終了です。次のお金を集めることに頭を使いましょう。そして育てましょう。そして少しでも育ったなら提供しましょう。

集めて、育てて、提供する。徹底してそれだけをするべきです。

ネットで稼ぐ方法その3:ネットショップ運営・転売屋

ネットで稼ぐ仕組み-ネットショップ-コツ

集めて、育てて、提供するという点で考えるとこの例が一番わかりやすいかもしれません。

ネットショップの運営を辞めてしまった人の共通点は、漠然と物を売りたいと考えている事でした。

そしてその人達が簡単に思いつくアイディアは広告でした。

広告を打って、物を売る。

これは言ってみれば集めて、提供しているだけなのです。あいだの育ててという部分が抜け落ちています。

人を集客して、お客さんを育てて、商品を提供する。このステップを踏まなければ、広告にいくら莫大なお金をかけても効率が悪く、いつか商品の売上よりも支出の方が増えてしまい、破綻します。

集めて、育てて、提供する。これがあまりにも漠然としている表現であればこう書き直しましょう。

集客したお客さんを洗脳して買わずにはいられなくする。

はい。途端に怪しくなりました。でもつまりはそういう事なのです。商品を買ってもらおうとするから、他のライバルに負けるのです。

商品に広告を打って、商品の魅力を伝えた所で、他に安い商品があったり、新しい商品が出てきたらそちらの方にお客さんは逃げていくことでしょう。

大切なのは、あなたです。商品ではありません。

集客したお客さんに、あなたの魅力を伝え、あなたから買いたいと思ってもらった後で商品を提供すれば、どんな商品も売れます

これがいわゆるブランド力です。ブランド名だけで、商品なんて見なくても欲しくなる事ってあるでしょう?それはつまり育てられた後だから。

集めて、育てて、提供する。これを徹底すればネットショップだって運営していけます。

ちなみに育ててというステップを踏んでいる転売屋さんを見たことがありませんが、もしそういう事を始めた人がいたら結構儲かるんじゃないか?と思ったりします。

ネットで稼ぐ方法その4:アンケート・ポイントサイト

ネットで稼ぐ仕組み-ポイントサイト-コツ

もうコレは簡単です。アンケート・ポイントサイトを運営する側にまわりましょう。

集客して、お得だよ、このサイト経由しないと損だよと育てて、アンケートやサービスを提供しまくる。それだけです。

人に集められている間は吸い取られるばかりです。

ポイントサイトの仕組みは簡単です。

例えば会社Aがあってこの商品を売ってくれと依頼をします。1万円で引き受けるとしましょう。

その商品を1000円分のポイント還元をつけて提供すれば9000円分ポイントサイト運営している人が儲かるという仕組みです。

そんなポイントサイトを利用して1000円もらうより、自分が会社Aから依頼を受けて9000円もらった方が儲かるでしょう?

または提供しないまでも、会社Aから商品を買って1万円をもらった方が得という場合もあるかも知れません。

集めて、育てて、提供する。

この形が見えないネットで稼ぐ方法は、どこかしらで誰かの「集めて」の網に引っかかっている場合が多いので注意しましょう。

ネットで稼ぐ方法その5:YouTuber

ネットで稼ぐ仕組み-YouTube-コツ

これも集めて、育てて、提供するというのが非常にわかりやすいネットで稼ぐ方法ではないでしょうか。

これはつまり広告収入なわけですが、チャンネル登録よろしくね。いいねボタンお願いします。みたいなの聞くじゃないですか。

ある程度チャンネル登録者数がいないと広告がそもそもつけられないんですよ。

んで、チャンネル登録者数が一定数いるとしても、低評価の動画の場合は広告が外されてしまう場合があります。

ということでね、登録者数を集めて、いいねを押すように育てて、または拡散してもらえるように育てて、動画を提供する事で同時に広告も提供してもらえるようになるわけですね。

むっちゃ稼いでいるYouTuberって好感度すごく高いじゃないですか。あれはつまり育て方が上手なんですよね。

育てていれば、拡散してくれて、集客もしてくれるようになる。そしたら動画を見てくれて、育てられて、集客に協力してくれる。結果、広告収入がすんごいことになる!

集めて、育てて、提供するという形を最もうまく活用している方法だと思います。

YouTuberを始める時は、最初に戦略を立てましょう。自分はどのように集客するのか。そして自分はどのように視聴者を育てていくのか。そして提供するタイミングや頻度はどうするか。

何も考えずに、「YouTuberになれば儲かるだろう」とか「動画を出し続ければいつか必ず稼げる」みたいな無謀なことは辞めましょう。それはただ楽しいだけです。楽しいがいつか苦しいになって、辞めたくなるだけです。

集めて、育てて、提供する。

それに注目して人気のユーチューバーを見てみるとだいぶ勉強になると思いますよ。

ネットで稼ぐ方法の仕組みのまとめ

ネットで稼ぐ仕組み-まとめ

さて。頭に叩き込みましたか?

集めて、育てて、提供する。それがネットで稼ぐ方法の仕組みです。それから逸脱したものは再現性が極端に下がります

ネットで稼ぐことの強み、それはまさに再現性を最大限利用出来る事。

たとえば24時間働ける人間はいませんが、24時間ネットショップは存在し続ける事が出来ます。

人間は疲れる事があるので、その時の調子などが左右される事もあるでしょうが、ネットショップには疲労がありません。

つまり100人に1人買ってくれる仕組みがあれば10000人呼べば100人買ってくれる再現性を持つのです。

僕は最初に目標は毎月20万円が手に入るシステムを手に入れる事と言いました。

これはつまり、集めて、育てて、提供するまでの一連の流れを行い、月に20万円稼げる仕組みを手に入れるという事です。

あなたが考えた一本道、この道を通れば20万円が手に入るという道筋さえ手に入れてしまえば、後は集める数を増やすだけであなたの収入はコントロール出来るようになります。

そんなの思いつかないよ。とあなたは思うかも知れません。

ですが、僕は自分を信じて頑張れ!などというクソみたいなセリフを吐くつもりはありません。

自分を信じて頑張る事はネットで稼ぐ時には絶対にやってはいけないことなのです。

次回はそこらへんについての講義をしていきたいと思います。

集めて、育てて、提供する。呪文のように唱えて下さいませ。ではではネットで稼ぐ方法の仕組みの話でした。

ここまで読んでいただき本当にありがとうございました。今日はちょっと偉そうに話してしまってごめんね!

野口明人

スポンサードリンク

ネットで稼ぐ方法のおまけ:クラウドファンディング?

ネットで稼ぐ方法-クラウドファンディング
野口明人
野口明人
本編は終わりましたが、ここからはおまけコーナーです!

ネットで稼ぐ方法を考えてみた時に、もしかしたらクラウドファンディングの事を思い浮かべる人も中にはいるのではないでしょうか?

クラウドファンディングは2000年以降に出てきた仕組みの中でインターネットと実に関連性を強く持つ単語の一つです。

あー、クラウドファンディングね。よく聞くよ。クラウドでしょ?クラウド。

今、そんなような事を考えたそこのあなた、それは間違いです。

2008年頃から急に身近になってきた仕組みでクラウド・コンピューティングというものがあります。

オンラインストレージのDropboxだったり、Google Drive、iCloudなどはスマホを使っていたりすると身近な存在なのではないでしょうか。

日本で「クラウド」といえば、どちらかというとこちらの方を指します。マークが雲の形をしていたりしてね。

目の前のパソコンだけで作業していたものが、クラウド・コンピューティングによって、会社のパソコンや手に持っているスマホ、または出張先のホテルのパソコンなどどこでも作業できるようになりました

データやアプリなどをネットワーク上のクラウドに置くことでそれが可能になったのです。

お空にぷわぷわ浮かんでいる雲の中にデータなどがあるイメージですね。それが見える場所であればどこでも作業できるっていう。

んで、一方クラウドファンディングは雲ではありません。群衆なのです。

クラウド・コンピューティングが「cloud」と書くのに対してクラウドファンディングは「croud」と書くのです。日本人はRとLの発音を聞き分けできないですからね。どちらも同じように文字でかけば「クラウド」になってしまう。

しかも、その同じように聞こえるCloudとCrowdは意味合いが全く別であればよかったんですが、ちょっと似ているんですよね。

一つの雲に不特定な所からでもアクセス出来るクラウド・コンピューティング。

一つの個人や企業に不特定多数の人間をつなげるクラウドファンディング。

なんか似てません?

って事でね、未だにクラウドファンディングのクラウドを雲だと思っている人は少なくないと思います。ええ。特にカタカナで喋るの大好きな人達は。

カタカナ好太郎
カタカナ好太郎
「社内コンセンサス?マジでベネフィットないっしょ!自分が会社ん中でイニシアティブ掴まないと、結果にコミット出来ないよ!」
野口明人
野口明人
…日本語で喋れよ!

って事でクラウドファンディングをもし日本語でわかるように説明するとなると、一番近い概念は「予約販売」でしょうか。

事前に自分のプランを伝えて、同意してくれる人から資金を調達する。そしてそれを成し遂げたらお礼として何かをお返しする。まぁ、お返しを必ずしなければならないわけではないんですがね。

この形って予約販売に似てるでしょ。うん。

インターネットで人々をつなげ、一人のアイディアにみんなで応援するクラウドファンディング。

シェイクスピアなどが活躍していた時代は、どれだけ能力が高くてもパトロン探しが大変でしたでしょうが、今ではこんな感じでインターネットが色んな人の夢の実現を手伝ってくれます

あぁ。なんて素晴らしい時代。ワンダフルタイムズですね。マジでドリームでフューチャーにコミットするぜ

…。

ではでは、またどこかでお会いしましょう(´・ω・`)ノシ

にゃんこ先生
にゃんこ先生
行政ですらカタカナ使い始めたからにゃ。バカっぽく見えるのはなぜニャんだろう…。
ABOUT ME
野口 明人
好きな映画は『オーロラの彼方へ』。好きな小説は『十八の夏』。好きなCDは『Return to Forever』。好きな漫画は『惑星のさみだれ』。ブログは今年で12年目!!長いのに、今日も読んでくれてありがとう!
人気シリーズ
  • 四国歩き遍路旅日記

    四国歩き遍路旅日記

    野口はある日バスに乗った。

    四国へ歩き遍路に行って、お泊り接待を受けてから不思議な出会いが引き起こす数々のエピソードを綴った旅日記。

  • ネットで稼ぐ方法講座

    ネットで稼ぐ方法講座

    野口はある日叫んだ。

    引きこもりが肩身の狭い思いをしている事に憤慨した野口が、これを読めば引きこもりでも月20万を稼げるようになるんだ!と決意を持って始めた講座。

  • 統合失調症の独語

    統合失調症の独語

    野口はある日壁に書いた。

    統合失調症と診断され、病院から診察拒否された野口が、薬や病院なしで統合失調症から立ち直るために考えた独言集。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です